1週間で痩せる食事方法と運動

1週間で痩せるなら知っておくべき食事方法と運動を徹底紹介!!|ほそくなーれ

1週間で痩せるなら知っておくべき食事方法と運動を徹底紹介!!

ウエストを計る女性1

1週間で痩せる方法をお探しではありませんか?

 

ダイエットの基本は、「食事による摂取エネルギーを抑えて」、「運動による消費エネルギーを上げる」ことで、脂肪燃焼を促してダイエットを成功させます。

 

しかし、1週間で痩せる場合に関して言えば、この基本的な方法には、落とし穴があります。

 

それは、「運動による消費エネルギーで脂肪燃焼を促す」というところです。

 

「運動をして脂肪燃焼を促す」ということは、筋肉を増やして基礎代謝を上げ、脂肪燃焼をしやすいカラダにしたり、有酸素運動などによって脂肪燃焼を促すことが目的となります。

 

しかし1週間という短い期間では、運動をしたことによる疲労の回復や、筋肉を増やすといったカラダの充分な再生が難しくなります。

 

そのため、1週間で痩せる場合は、食事制限をメインとして、摂取エネルギーを減らし、なるべく普段の動きの範囲で脂肪燃焼を促していくことが重要なポイントになります。

 

もちろん、余裕があれば、ウォーキングやジョギングなどの疲労を残しすぎない程度の有酸素運動も行います。

 

 

こうした理由から、1週間で痩せるための食事制限と運動の割合は、

 

1週間で痩せるための割合  

  • 食事制限 9 : 運動 1

 

とすることが最適です。

 

この割合をもとに、ここでは1週間で痩せる方法をご紹介していきます。

 

 

⇒ 短期間で痩せるサプリメント・ベスト3!!はこちら

1.1週間で痩せるなら食事制限がメインテーマ!!

サラダを食べる女性1

1週間で痩せるためには、現在の生活環境や生活習慣の範囲内で脂肪燃焼ができるくらいまで、なるべく摂取エネルギーを抑えることが優先です。

 

そのため、脂肪に変わりやすい「糖質」をカットすることが、1週間で痩せるためのポイントとなります。

 

主な糖質カット

  • 炭水化物(お米、パン類、麺類)
  • 菓子類(スナック・洋菓子・和菓子)
  • ジュース類
  • 果物類

 

これらの糖質をカットをするだけで、脂肪の蓄積が減少するので、普段通りの生活でも脂肪燃焼を促しやすくなります。

 

ただし、ここでの注意点は糖質カットはしますが、カラダを構成する大切な栄養である、タンパク質・ビタミン・ミネラルなどは、体調不良にならないようにしっかりと摂る必要があります。

 

糖質カットは1週間限定だからこそ行いますが、途中で体調不良になってしまった場合は、即時中止をして下さい。

 

また、これ以上長い期間でのダイエットを行う場合は、健康面から食事制限の内容を変えていく必要があります。

2.1週間で痩せる食事メニュー例をご紹介!!

1週間で痩せる場合の食事例

  • 朝食:スムージー、トン汁、サラダ
  • 昼食:サラダ・肉類・魚介類
  • 夕食:野菜スープ、トン汁、サラダ、豆腐

 

1週間で痩せる場合の食事内容は、1日のなかで「野菜・汁物・肉類・魚類」をバランスよく食べることが最適です。

 

これは、健康を保つために必要なバランスで、野菜類はビタミンやミネラルを補給し、肉類や魚類、豆腐などはタンパク質を補給してくれます。

 

食事内容は糖質カットを考えて、野菜はスムージーやサラダ、汁物は野菜スープやトン汁、メインディッシュに肉類や魚類などが食べやすく最適です。

 

また、夕食の後は寝るだけになるため、エネルギー消費が一番小さくなることから、豆腐や野菜スープなどのような摂取エネルギーの低い食事にしておきましょう。

3.1週間で脂肪燃焼!ダイエットサプリもオススメ!!

1週間で痩せるために効果をさらに得たい場合は、脂肪燃焼系サプリカロリーカット系サプリがオススメです。

 

脂肪燃焼系サプリは最大限に脂肪燃焼をサポートしてくれますから、糖質カットの食事制限だけをするよりも脂肪燃焼の効率を上げてくれる効果が期待できます。

 

また、カロリーカット系サプリは食事制限による糖質カットに耐えきれず、ついつい食べてしまったというときのサポートをしてくれます。

 

1週間という短い期間でのダイエットですが、実際にやってみると想像以上に長く感じてしまうものです。ダイエットサプリのサポートがあれば余裕もできるので、安心してダイエットに取り組むことができますから、一度試してみるのも良いでしょう。

 

 

4.1週間で痩せるなら運動も!!

走る女性1

ダイエットといえば、脂肪燃焼のための運動が有効です。
しかし1週間で痩せる場合は、筋トレによって基礎代謝を上げようとしたり、激しい運動で脂肪燃焼をしようとしても回復が追いつかず、かえって逆効果になってしまいます。

 

筋トレによる筋肉の回復は3日ほどかかると言われていますし、脂肪燃焼をさせようと水泳や10Kmのジョギングなど、激しい運動を行うとカラダに疲労溜まります。

 

そこからカラダの回復をさせていると、たちまち1週間が経ってしまいます。そうなると1週間に1回くらいしか運動ができず、脂肪燃焼ができずに終わるという結果になってしまいます。

 

脂肪燃焼を促すためにも、1週間で数回の運動ができるように、カラダの負荷を抑えた有酸素運動で、翌日以降に疲れが残らない程度の運動を行うことが最適です。

 

 

1週間で痩せる最適な運動

種目 負荷や労力 METs
サーキットトレーニング ほどほどの労力 4.3
ウォーキング 5.6km/時、速い、運動目的で歩く 4.3
ジョギング 7.0
プールでの水中歩行 ほどほどの労力、ほどほどの速さ 4.5

 

これは運動強度を計算する「METs(メッツ)」から、1週間で痩せる運度に最適な運動を一部抜粋しました。

 

METsの計算をすることで、消費カロリーの計算ができるようになるので、1週間で痩せるために運動を取り入れるならぜひ、活用してみて下さい。

 

METs計算式

・消費カロリー(kcal) = 1.05 × (METs × 時間) × 体重(kg)

 

例えば、体重60Kgの人が5.6km/時のウォーキングを1時間行うと次の消費カロリーになります。

 

・1.05×(4.3×1)×60=270Kcal

 

このように、1週間のうちに少しでも運動をすると脂肪燃焼効果が発揮できるのが分かりますね。
METsでの種目や負荷の種類はほかにもたくさんありますから、興味のある方はぜひ計算して1週間で痩せるために活用してみてください。

 

 

5.まとめ

1週間で痩せるには、食事制限や運動方法の割合など、コツがあります。

 

あまりにも短い期間だからできないと決めつけず、1週間で何ができるのか?をしっかり考えて実践することが、ダイエットの成功を導いてくれます。

 

ですから、ぜひ頑張ってくださいね。

 

ここでの内容をあなたのダイエットの参考の一つにしていただければ幸いです。

 

 

短期間で痩せるダイエット

<参考文献>
渋谷DSクリニック、2013、「正しいダイエットメソッド」、成美堂出版
小野浩二・佐々木圭、2016、「ダイエット大学の教科書」、BABジャパン
<参考>
「メッツ / METs(めっつ)」厚生労働省
改訂版 『身体活動のメッツ(METs)表』 国立健康・栄養研究所

短期間で痩せる方法の基礎

 


当サイトでは「短期間で痩せる方法」をメインテーマにして、色々な角度から説明しています。


「短期間で痩せる方法」の基礎は、ダイエットの基本とも言える食事による摂取エネルギーと運動による消費エネルギーのバランスや、ダイエットのサポートとして、ダイエットサプリメントを効果的に使うことです。


その「短期間で痩せる方法の基礎」の詳細については以下のページで説明しています。


短期間で痩せるボタン