短期間で10キロ痩せる

安全に短期間で10キロ痩せる方法は? | 短期間で痩せるにはこのダイエット方法が効果的!!

安全に短期間で10Kg痩せる方法は?

短期間で痩せるには10キロ

本気で体重を短期間で10Kgと大幅に痩せようとする場合、「もともとの体重がどのくらいであるか?」が関係するとともに一番重要なポイントとなってきます。

 

その理由を上げると、同じ身長で体重が100Kgの人と、50Kgの人であれば、100Kgの人が10Kg痩せるのと、50Kgの人が10Kg痩せるのでは、痩せる難しさがもちろん違いますので、10Kg痩せるダイエットを実践していくうえで実際に痩せていくペースや、ダイエット方法の内容や結果を出せる期間に違いがでることを理解しておく必要があります。

 

また、肥満度を確認できるBMI値の判定で標準体型の人よりも肥満体型の人の方が痩せられる余分な脂肪量がどうしても大きくなるので、肥満体型の人の方が10Kgを痩せることができる可能性が間違いなく大きくなります。

 

こうした、もともとの体重や肥満度によって10Kg痩せられるかどうかが本当に変わってきますので、理想的になりすぎて失敗しないように認識して過度な負担を強いらないように心がけておきましょう。

 

また、BMI値が標準であるのに、さらに体重を落とそうとすると無理なダイエットとなり、ストレスや体調不良など健康面のバランスが崩れてしまうこともあるので絶対に注意が必要です。

 

そのため、安全なダイエットとして、まずはBMI値を計測し、「自分はどのくらいのダイエットが必要であるか」?をしっかり確認して理解し、正しい目標の体重をまずは決めることが大切です。

 

BMI値の計算はこちら

1.10キロ痩せるには、まずはエネルギー計算から

短期間で痩せる10kg計算

10キロのダイエットのやり方は、まずは「消費エネルギーがどのくらい必要なのか?」を計算して数字を出すことで、食生活の見直しや体重の落とし方などダイエットの方法を考えていきます。

 

まず、1キロあたりの体脂肪がもっているエネルギーは約7200Kcalといわれており、これを10キロ落ちるように計算するとおおよそ72000kcalのエネルギー消費が必要になります。

 

この10キロあたりのエネルギーをどのくらいの期間で、1日あたりどのくらいの運動とどのくらいの食事量やどういった食べ物でダイエットをしてキレイに減らしていくか?という計画を現実的にたてておくことが目的や問題であり、重要なポイントとなります。

 

仮に、合計10キロのエネルギー消費で、1ヶ月間に3キロ〜4キロずつのダイエットに取り組む場合、21600kcal〜28800Kcalの消費が必要となり、一日あたり720Kkcal〜960Kcalのエネルギー消費が必要となります。

 

これはかなり多いエネルギー量ですが、人によっては体質や職業などによって普段から食べる量がこの3倍くらいのエネルギーを摂取しているような、ほぼドカ食いの食事を毎日続けて行っている方もいらっしゃいます。

 

これだけのエネルギー量を食べる場合、スポーツ選手やガテン系のお仕事、成長期で部活動に励む10代くらいの方でしたら必要なエネルギーですが、一般的な社会人として特に軽い運動もせずに暮らしている場合、多くの方々がエネルギーの摂り過ぎとなって太っている場合があるため、徐々に食生活を変えていき、少し厳しいかもしれませんが、リセットしてきちんと食事量を抑える必要があります。

 

成人男性30代〜50代くらいの一日の必要なエネルギーはおおむね2300kcal〜2650Kcal、女性は1650Kcal〜2000Kcalとされています。

 

これは標準的な摂取エネルギーですが、いきなりこのエネルギー量を大きく上回って摂取してしまうと肥満の原因になってしまうので、まずは、「普段の自分の摂取エネルギーがどのくらいか?」を確認して、少しハードですが実際に本当に必要な自分の標準的な摂取量まで食事を抑えて、10Kg痩せるまで集中して食事を制限し続けていく必要があります。

 

そこからさらに必要な消費エネルギーを計算してウォーキングやランニング、ヨガなどの全身運動や、筋力トレーニングによる腕立て・腹筋・背筋などの運動を組み合わせて努力を続けエネルギーの消費を増やすことで、10キロのダイエットを計画的にすっきりと落としていくことができるようになります。

 

また、運動を継続することで、身体の代謝や筋肉が働きやすくなり、便秘の解消や美しい背中や美脚効果も期待できます。
しかし、疲れすぎないように体調には気を付けて、最低限の負荷はかけながら運動を徹底して行うようにしていきましょう。

 

1日の摂取カロリーや消費エネルギーの計算はこちら

2.短い期間にとらわれずに安全にダイエットを行う

短期間で痩せる10kg安全

計算上、10キロのダイエットは可能ですが、私たちのカラダはとにかく食事を控えて極端に運動で脂肪燃焼だけをさせれば良いというものでもないので、そのやり方には注意が必要です。

 

これは、10キロのダイエットを行ううえで必要な栄養をずっと摂らずにいると、カラダへの負担を減らすことができずに体調不良になってしまう可能性があるため、ある程度バランスの取れた食事を意識する必要があります。

 

特に、タンパク質・ビタミン・ミネラルなどの成分はそれぞれの成分がカラダを作ったり、調整をする働きがあり、不足すると代謝が落ちて疲労が溜まりやすくなったり一日中ダルさが付きまとったり、カラダが冷えを感じるなど、不安定な状態になってしまいます。

 

ごはんや、お菓子、果物や甘いドリンクなどは脂肪を減らして体重を落とすためにも食事制限をする必要がありますが、短期間のダイエットでもいつも栄養バランスを考えて、基本は野菜や肉類を中心とした食べ物を食べるようにすることで体調が不安定にならないようにすることができます。

 

また、野菜や肉類中心の食事内容であれば、効率良く糖質が制限されており、食欲がある場合に安心してたくさんたべることができるのでレシピを組むうえでもおすすめです。

 

そのほかに食事制限によって満腹になるまで食べられない場合は、朝・昼・晩にスムージーや青汁、サプリメントなどで、タンパク質・ビタミン・ミネラルなどの栄養素は必ずしっかりと摂取しておくようにすることが必要になります。

 

小腹がすいた場合は、おやつにナッツ類やサラダやヨーグルトで食物繊維や乳酸菌を摂ることで便秘の解消にもつながり、より健康的なダイエットも期待できるようになります。

 

こうした内容を考えていくと、10キロのダイエットと目標を立てても必要最低限の食事を摂取することから計算以上にエネルギーを摂ってしまうこともあります。

 

まずは、健康的に安全なダイエットが必要なので、そうした場合は短期間で10キロのダイエットに集中し過ぎずに、難しく考えず少し期間を延ばして10キロのダイエットを行うことも必要です。

3.安全に短期間で10キロ痩せるために

短期間で痩せる10kg痩せる

10キロという減量は、もとの体重がどのくらいの重さであってもかなり大きなエネルギーの消費を必要とします。

 

そもそも私たちのカラダは餓死などの危険を回避するためにエネルギーを脂肪として蓄える機能があることから、栄養の摂り過ぎによって肥満となってしまいます。

 

栄養豊富な現代だからこその悩みや原因でもありますが、その10キロという大きなエネルギーを消費するにはカラダに無理のない計画と継続、状況によってはストレスになり過ぎない様にダイエットを緩やかにして気持ちやモチベーションを保ち、短期間で痩せることに拘らずに期間や時間の延長をしながら10キロのダイエットを最後までする必要があります。

 

そうした根気と柔軟な考え方ができて初めて成果が出せて痩せたと実感できるようになりますので、とても大変なことですが、結果を欲張り過ぎずに最後まで頑張ってダイエットを実践していきましょう。

 

短期間で痩せるダイエット