プロテインダイエットで痩せる!方法や効果とランキング

ダイエット用プロテインで痩せる!知っておきたい方法や効果とランキング3選|ほそくなーれ

ダイエット用プロテインで痩せる!方法や効果とランキング3選!!

ダイエットをする女性

ダイエット用のプロテインや、プロテインダイエットで痩せる方法をお探しではありませんか?

 

プロテインダイエットは、食事制限によるダイエット方法の一つで、摂取カロリーを抑えることで不足しがちな栄養をプロテインで補給するという方法です。

 

さらに、プロテインダイエットでは、ダイエット用のロテインを使うことで、ダイエット中の食事制限をストレスなく健康的に成功させるための合理的な方法となります。

 

このページでは、プロテインダイエットの方法や効果、ダイエット用プロテインのランキングについてご説明していきます。

 

 

⇒ 短期間で痩せるサプリメント・ベスト3!!はこちら

 

 

1.ダイエット用プロテインランキング

ファスタナの特徴

ファスタナは、大豆減量のソイプロテインとHMB、36種の豊富な美容成分と健康成分を含んだプロテインです。

1杯約25Kcalと低いため、ダイエット用プロテインとして最適なので、あなたのダイエットをしっかりサポートしてくれます。


定期的な自動お届けコースなら4.980円!まずは、1ヶ月ほど試してみてはいかがでしょうか?

評価 評価5
ファスタナのポイント


短期間で痩せるチェック原材料
ソイプロテイン、HMB、ヒアルロン酸、コラーゲンペプチド、CoQ10、乳酸菌、難消化性デキストリン、キヌア、チアシード、アマランサス、ゴジベリー、モリンガ、ヘンプ、マカ、カカオ、アサイー、ケール、バオバブ、フラバンジェノール、赤ワインポリフェノール、クエン酸、ビール酵母、ビタミンA・B1・B2・B6・B12・C・D・E、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、カルシウム、マグネシウ、鉄


短期間で痩せるチェック価格・内容量

 -単品購入-
・7.800円(税抜き)

 -定期コース-
・毎月1袋自動お届けコース:月々4.980円(税抜き)
・2ヶ月ごと3袋お届けコース:毎回9.980円(税抜き)

 -内容量-
・1袋140g入り(約20日分)

ジェシカズ・フォーミュラの特徴

ジェシカズ・フォーミュラは、低糖質・高タンパク質のダイエットに最適なソイプロテインです。

ダイエットの運動後のリカバリーや、忙しい日の朝食やおやつ代わりにピッタリ!

健康と美容にうれしいビタミンもしっかり配合されて、定期購入なら3.560円!安心のプロテインダイエットにいかがでしょうか?

評価 評価4
ジェシカズ・フォーミュラのポイント


短期間で痩せるチェック原材料
植物性たんぱく(大豆由来)、ポリデキストロース、アサイーエキス、クエン酸、V.C、V.E、パントテン酸カルシウム、V.B1、V.B6、V.B2、ナイアシン、V.A、葉酸、V.D、V.B12、香料、キサンタンガム、乳化剤、甘味料(スクラロース)


短期間で痩せるチェック価格・内容量

 -単品購入-
・3.960円(税抜き)

 -定期コース-
・定期購入1袋ごと:毎回3.564円(税抜き)
・定期購入2〜5袋ごと:毎回3.366円(税抜き)
・定期購入6袋ごと:毎回3.168円(税抜き)

 -内容量-
・1袋300g

酵素八十八選+プロバランスの特徴

酵素八十八選+プロバランスは、健康に特化した酵素ドリンクとソイプロテインをかけ合わせたプロテインダイエット専用のドリンクです。

予防医療の現場で認められた品質で、あなたのダイエットを強力にサポート!!

今なら、通常価格から22%OFFで16.436円!しっかりダイエットにいかがでしょうか?

評価 評価3.5
酵素八十八選+プロバランスのポイント


短期間で痩せるチェック原材料

【酵素八十八選】
ヨモギ、ウコン、スギナ、ドクダミ、ビワ葉、ラカンカ、キダチアロエ、クコの実、クコ葉、ハト麦、オトギリソウ、クマザサ、タンポポの根、レンセンソウ、モモの葉、エビスグサの種子、イチョウ葉、レイシ、ニンドウ、イチジク葉、 ベニバナ、エゾウコギ、アマチャヅル、ハブ草、トチュウ葉、エンメイ草、セッコツボク、 アカメガシワ、オオバコ、カンゾウ、マツ葉、ナンテンの葉、カキの葉、高麗人参、 カミツレ、シソ葉、桑葉、アマドコロ、タマネギ外皮、紅参、ツユクサ、メグスリの木、 ツルナ、ニーム、田七人参、キキョウ根、ナツメ、サラシア、マタタビ、マカ、 トンカットアリ、アガリクス、ルイボス、アムラの実、キャッツクロー、紫ウコン、ケツメイシ、センシンレン、ミカンの皮、タラボクヒ【野菜】大豆、トウガラシ、ニンジン、 タマネギ、パセリ、キャベツ、ゴボウ、モヤシ、ニンニク、ショウガ、シイタケ、チャーガ、 メシマコブ、モロヘイヤ【果物】イチヂク、ミカン、キンカン、カリン、パイナップル、 ウメ、リンゴ、グレープ、メロン、アンズ、レモン、グレープフルーツ【海藻類】コンブ、 フノリ【糖類】てんさい糖、オリゴ糖、黒砂糖、ハチミツ【ミネラル水:バナジウム160μg/L】

【プロバランス】
植物性分離たんぱく質(大豆由来)、大豆ペプチド、フラクトオリ ゴ糖、ビール酵母、乳清カルシウム(乳由来)、CPP (カルシウ ム可溶性ペプチド)、ラクチュロース、イヌリン、酵母エキス、ホスファ チジルセリン含有リン脂質、大豆発酵抽出物、植物レシチン、プ ルラン、抽出ビタミンE、香料(レモン)、タウリン、ビタミンC


短期間で痩せるチェック価格・内容量

 -価格-
・通常価格:21.322円(税込)
・今なら22%OFF:16.436円(税込)

 -定期コース-
・定期コース:月々2.400円(税抜き)

 -内容量-
・酵素八十八選:720ml
・プロバランス:140g

2.プロテインダイエットとは

プロテインダイエットの目的は、痩せるためのダイエットによる食事制限で、不足してしまう栄養をプロテインで補うことにあります。

 

ダイエットでの食事制限は、痩せることには有効ですが、摂取カロリーを抑えたり、糖質や脂質などを抑えるため、それに伴い全体的な食事での栄養補給のバランスが崩れやすくなっていまいます。

 

特に、ダイエットに必要なタンパク質やビタミン、ミネラルの不足に陥ると、筋力が衰え、脂肪燃焼のしにくいカラダになってしまったり、健康や美容を損なってしまうこともあります。

 

こうしたことから、食事制限中の栄養補給としてプロテインを使います。

 

また、プロテインはタンパク質を主に摂取する筋肉を作る専用の健康食品と思われがちですが、ダイエット用や減量用のプロテインには、豊富なビタミンやミネラルなどが含まれているため、ダイエットにも有効なことから、プロテインダイエットとして最近注目を集めています。

3.プロテインで補給できる「タンパク質」の必要性

栄養を気にする女性

プロテインで補給できる「タンパク質」は、筋肉だけでなく、骨・髪・皮膚・爪・血液などを作るの必要で、健康や美容に関わる大切な栄養です。

 

そのため、痩せるために極端な食事制限やカロリーコントロールで、タンパク質の不足を招くと、次のような状態へとなってしまいます。

 

 

筋肉の衰え

 

筋肉はタンパク質によって作られますから、不足すると筋肉が少しずつ減ってしまいます。筋肉が減ると、基礎代謝が落ちて脂肪燃焼のしにくい太りやすいカラダとなってしまいます。

 

 

骨の強度低下

 

タンパク質はカルシウムと共に骨を作り上げる大切な栄養です。そのため、タンパク質が不足すると、骨の強度が低下して骨折などをしやすいカラダとなってしまいます。

 

 

髪・皮膚・爪への影響

 

タンパク質は、髪・皮膚・爪を作る栄養としても必要で、不足すると髪はパサパサになり、皮膚はカサカサ、爪はデコボコするなど、全体的にツヤを失って、美容や健康を損なってしまいます。

 

 

体調不良を起こしやすくなる

 

タンパク質は免疫への効果もあるため、不足すると免疫の低下を招きます。そうなると、風邪をひきやすくなったり病気にかかりやすいカラダとなって、体調不良をおこしやすくなってしまいます。

 

 

タンパク質が全てではありませんが、このように健康にとって重要な栄養であることは確かです。

 

タンパク質は男性にとって必要であると思われがちですが、実は女性の方が不足しがちな栄養で、特に美容に関してはたいへん重要な役割をもっています。
そのため、痩せるためのダイエットと美容・健康の補給ができるプロテインの摂取は、女性にオススメの方法と言われています。

4.プロテインの種類

プロテイン

一口にプロテインと言っても、イメージはやはりアスリートやボディービルダーが使用している映像が浮かんできてしまいますよね。

 

実は、プロテインは3種類あり、アスリートやボディービルダーが使用するプロテインと、ダイエットや減量に使用するプロテインでは、用途が変わりますから、使用するプロテインの種類も変わってきます。

 

そこで、ここではプロテインの種類を説明します。

 

 

プロテインの種類

  • ホエイプロテイン
  • カゼインプロテイン
  • ソイプロテイン

 

 

ホエイプロテイン

 

ホエイ(乳清)はヨーグルトにできる上澄みの液体のことを言い、牛乳に含まれるたんぱく質の一つです。
ホエイプロテインには、水溶性で吸収が早く、筋肉を作るアミノ酸が豊富に含まれていることから、スポーツ選手などのようにトレーニングで強い肉体をつくりたい方に向いたプロテインです。

 

 

カゼインプロテイン

 

カゼインは、牛乳などの乳汁に含まれるタンパク質です。
カゼインプロテインは、不溶性で吸収速度が遅いため、ダイエットの間食や、運動をしない日のタンパク質補給、寝る前の補給など、お休みの日などに向いたプロテインです。

 

 

ソイプロテイン

 

ソイは大豆のことで、大豆のタンパク質を粉末にした食物性タンパク質を摂取できるプロテインです。
ソイプロテインは大豆に含まれるイソフラボンによって、皮膚や骨、血流改善の効果が期待できたり、吸収速度がゆっくりのため満腹感が持続しやすいことから、ダイエットや減量など痩せることに向いたプロテインです。

5.プロテインダイエットの方法

プロテインダイエットの基本は、「食事制限+プロテイン」です。

 

痩せるためには、食事制限によって摂取エネルギーを下げ、脂肪を蓄えないようにしますが、その一方で必要な栄養も不足させてしまう可能性があります。

 

そこで、ソイプロテインや、栄養豊富なダイエット用プロテインを取り入れて、痩せながら健康と美容を維持していきます。

 

 

食事方法の一例

朝食 ヨーグルト・サラダ + プロテイン
昼食 サラダ・肉類・お米 + プロテイン or プロテインなし
夕食 野菜スープ + プロテイン or 夕食は完全カットで、プロテインのみに置き換え

 

 

朝食

 

ヨーグルトとサラダなど、カロリーを抑えて軽めに済ませつつプロテインで、補給。糖質を摂るなら、なるべく早い時間が良いので、朝食で軽くおにぎり1個や、食パン1枚程度もありです。

 

 

昼食

 

昼食はある程度の栄養補給はした方が良いので、炭水化物や糖質の食べ過ぎには注意しておきます。昼食で栄養を充分に摂った場合は、プロテインを飲まなくても大丈夫です。

 

 

夕食

 

夕食は、あとは寝るだけで活動もほぼしないため、野菜スープだけにするなど、食事制限を一番した方が効果的になる時間帯です。無理でなければ、夕食は完全にカットして、プロテインのみにして置き換えてしまう方法も効果的です。

 

 

実際の食事内容は、人によって違うところがあると思いますが、痩せるための食事制限の1例として紹介させていただきました。

 

ご自身の生活習慣によって、食事制限の仕方も変わるとは思いますが、基本的には、「食事を極端に削ったらプロテインも一緒に飲む」と考えておくことがポイントです。

6.ダイエットでのプロテインの選び方

選び方のポイント

プロテインダイエットで、痩せるためのプロテインを選ぶ場合、健康面や美容面も考慮したプロテインを選ぶことがポイントです。

 

なぜなら、プロテインダイエットでは、ただ筋肉を増やすわけではなく、食事制限などもしているため、栄養不足に陥る可能性があるからです。

 

そこで、健康や美容面を含め、無理なく続けることが必要です。
そのためにも以下の点を意識して選ぶことがポイントです。

 

 

選ぶポイント

  • プロテインの種類
  • 健康や美容に関する栄養
  • 価格

 

 

プロテインの種類

 

プロテインの種類によって、特徴が違うため、しっかりと確認をする必要があります。特にプロテインダイエットを行う場合は、痩せるための食事制限もあることから、ダイエットに向いたソイプロテインを選択することが有効です。

 

 

健康や美容に関する栄養

 

プロテインダイエットでは、タンパク質だけではなく、健康や美容に関する栄養で、何がどのくらい入っているかも確認しておきたいポイントです。
ダイエット用プロテインでも、その特徴は様々なので、健康的にキレイに痩せるためにもチェックをしておきましょう。

 

 

価格

 

継続的に行うなら、価格も大切なポイントです。特に、定期購入する場合は割引価格などもありますから、痩せるためにもある程度継続購入していけるかも確認が必要です。

7.プロテインダイエットなら運動でさらに効果UP

運動をする女性

プロテインダイエットで痩せるなら、運動も一緒に行うとさらに効果的です。
プロテインはカラダを回復させて筋肉を作ってくれますから、キレイなボディラインもつくりやすくなります。

 

有酸素運動でのウォーキングやジョギング、筋トレやサーキットトレーニングなど、自分のペースに合わせて、痩せるための運動を行うことで、短期間で痩せることも可能です。

 

 

また、運動をしてからプロテインを飲むことが特に有効と言われており、筋肉への吸収が高まる運動後30分以内に飲むことがおすすめです。

 

これを応用して、例えば、朝食前に運動をして朝食とプロテインというようにするとさらに効果的です。

 

夕食をプロテインに置き換えることで、就寝中におこる新陳代謝によって、痩せると同時に筋肉やカラダの回復や、美容効果も改善していきます。

 

 

8.プロテインダイエットの注意点

プロテインダイエットを実践していく場合、健康的に痩せる方法として、いくつかの注意点があります。

 

 

注意点

  • プロテインに偏らない
  • 運動もする
  • プロテインの摂り過ぎに注意

 

 

プロテインに偏らない

 

食事制限をするあまり、栄養補給がプロテインに偏らないように注意が必要です。普段の食事でもバランスの良い栄養を考えて、さらにプロテインで補給するようにしておきましょう。

 

 

運動もする

 

ダイエットには、エネルギーの消費をするための運動が必要です。運動をせずに食事制限だけをしても、脂肪燃焼がうまくできなかったり、カラダが引き締まらずにクビレができなかったりと、イメージするような体型にどうしても届かない可能性があります。そのため、運動も一緒に行いましょう。

 

 

プロテインの摂り過ぎに注意

 

プロテインの摂り過ぎは腎臓への負担をかけてしまうので、摂り過ぎに注意です。目安は一日3回ほどがちょうど良く、タンパク質の必要摂取量は一日に体重1kgにたいして1gが推奨されていますから、50Kgの方は50gのタンパク質の摂取が適量です。また運動を多くする場合は1.5gが推奨されています。

9.まとめ

痩せるためのプロテインダイエットは、食事制限をするうえでも非常に生活に取り入れやすい方法です。

 

特に、栄養不足による健康不良や美容への悪影響の心肺もないので、安心して行えるダイエット方法ですね。

 

現在、たくさんのダイエット方法がありますが、その中でもあなたのダイエットの参考の一つにしていただければ、幸いです。

 

 

短期間で痩せるダイエット

短期間で痩せる方法の基礎

 


当サイトでは「短期間で痩せる方法」をメインテーマにして、色々な角度から説明しています。


「短期間で痩せる方法」の基礎は、ダイエットの基本とも言える食事による摂取エネルギーと運動による消費エネルギーのバランスや、ダイエットのサポートとして、ダイエットサプリメントを効果的に使うことです。


その「短期間で痩せる方法の基礎」の詳細については以下のページで説明しています。


短期間で痩せるボタン