短期間で痩せる方法・男性編

男性が短期間で痩せるならこの方法!! | 短期間で痩せるにはこのダイエット方法が効果的!!

男性が短期間で痩せるならこの方法!!

男性

男性が短期間でダイエットを行う場合に考えておきたいのは、筋肉量をいかに増やすか?ということです。

 

これは、女性とは違い、男性は筋肉が付きやすく、脂肪燃焼に役立つので、男性のダイエットは食事方法と筋トレをセットにして行っていくことが最適といえます。

 

特に男性は、筋肉量が増えていくことで比例して、基礎代謝量も増えてくれるので更に短期間で痩せることができる様になります。
男性が筋トレをする場合は、大きい筋肉である、「胸」「背中」「お尻」「太もも」を中心に鍛える様にしながら、そのほかの筋肉も鍛えていきます。

 

しかし、過度な筋トレが続いてしまうと、回復が間に合わなくなりますので、同じ部位の筋トレは3日に1回のペースから始めると良いとされています。

 

筋トレの合間に、有酸素運動としてウォーキングやジョギングを取り入れていくとさらに効果的です。

 

男性の場合は、女性のように周期的に体調やカラダの状況が変わることがないことから、自己管理をしっかりおこなって健康に気をつけておけば、運動と食事内容を継続するだけでダイエット行うことができます。

 

そのため、可能な範囲で定期的な運動と、安定した食事内容を継続することが成功への秘訣となっていきます。

 

また、男性の食事はタンパク質を中心に摂っていくことが最適とされていて、特にトレーニングの後にタンパク質を摂る事で疲労回復と筋肉増量への効果が増していきます。

 

タンパク質は、肉類が良質なたんぱく質を多く含んでおり、なかでも代表的なのが「鶏肉」「豚肉」「牛肉」です。

 

特に摂りたい部位は、鶏肉であれば、脂質が少なくタンパク質を摂りやすいササミや胸肉、豚肉や牛肉の場合は、赤身の部分が最適な部位と言われています。

 

男性のダイエットは、タンパク質中心の食事になりがちですが、栄養バランスも必要なので、ビタミンやミネラルは野菜から補っていくと良いでしょう。

 

ダイエット中の食事で糖質を制限することがありますが、糖質カットにならないようにきをつけましょう。
糖質はカラダを動かすエネルギーで、完全にカットしてしまうと、糖質の代わりにケトン体という成分がエネルギーとして働いてくれますが、体内成分のコントロールは自分では行えないため、人によっては頭が働きづらかったり、体力がもたない場合があります。

 

そのため、糖質自体は朝におにぎり1個程度だけ食べて、お昼と夕食は炭水化物などは食べないというような制限をしておくと効果的です。

 

この糖質制限のポイントは、朝食で糖質を摂ることによって、日中の活動で摂取した分のエネルギーを消費できるところにあります。

 

仮に夕食で糖質を摂ると、あとは寝るだけの状態でエネルギー消費は難しくなります。
そのため、消費しておきたい糖質は朝食に摂ることがおすすめとされています。

 

食事以外にも、男性は筋トレがメインになる事もありますが、痩せたいからと過度なトレーニングは怪我の原因となってしまうので注意が必要です。
これは、疲労が回復せずにトレーニングをし過ぎることで、肉離れや腱が損傷してしまうことに繋がります。

 

体の故障は、軽い怪我であっても回復までに時間が掛かってしまい、ダイエットを一時的に休止しなければいけないこともあります。
その為、男性でも過度なトレーニングには注意して十分な休息を取る様にしていきましょう。

 

短期間で痩せるダイエット