小学生が短期間で痩せる方法

小学生が短期間で痩せる方法 | ほそくなーれ

小学生が短期間で痩せる方法

小学生が短期間で痩せる方法

最近では、小学生が太り過ぎでダイエットをしていることを耳にします。

 

これは、小さいころからの生活習慣の乱れから小児肥満が増えてきていることを意味します。とくに偏った食生活や運動不足が原因であると言われています。

 

しかし、小学生はこれから心も体も大人に向けて成熟していくための大切な準備期間です。

 

そのため、大人への成長期である小学生のうちに無理なダイエットを行うと、思わぬ悪影響を体へ与えてしまう場合があります。

 

それは、ホルモンバランスを崩してしまったり、体を作る大切な栄養の不足を招いてしまうことです。そうなると、成人してから病気がちなカラダになってしまうなどのリスクが考えられるため注意が必要です。

 

また、ダイエットを行う場合は、小学生向けのダイエット方法が必要になります。
理由は、小学生と成人では筋肉や骨格などの身体のつくりや、生活パターンが違うためです。

 

そこで、「小学生がどのようにダイエットをしていくと効果的か?」などを中心に、小学生ができるだけ短期間で痩せる方法をご紹介していきます。

 

 

⇒ 短期間で痩せるサプリメント・ベスト3!!はこちら

1.小学生が痩せるには太る原因の理解から

学校保健統計調査報告書(文部科学省)によると、1970年(昭和45年)〜2000年(平成12年)の30年間を比べると小児肥満の子供が約2〜3倍になっていると言われています。

 

(参考:文部科学省:「3.生活習慣病の危険性の高まり」より

 

2000年(平成12年)以降は徐々に小児肥満の数は減ってきていると言われていますが、まだまだその数は多い状況が続いています。

 

こうした小児肥満の原因として小学生にスポットをあててみると、近年の小学生は一昔前とは生活習慣が変わってきていると言われています。それは、成人と同じように運動不足と糖質や脂質の摂り過ぎから、太りやすくなっていると考えられているのです。

 

まず、運動不足の理由は、最近の小学生は塾通いや習い事に多くの時間を取られて、外で遊ぶ時間が無くなってしまった。また、遊ぶ時間を確保できても、昔ほど遊べる場所が減ってしまっていること。さらに、現代ならではの原因として、ゲームやテレビに夢中になってしまって、カラダを動かすことが随分と減ってしまったこともあげられます。

 

そのうえ、食べることに関しては、飽食の時代の代表とも言えるスナック菓子やジャンクフードなどが昔よりも手軽に口にできるようになりました。

 

小学生は、カラダを成長させるために、たくさんの食事が必要になります。その時期に、外遊びなどをせずに、スナック菓子やジャンクフードをたくさん食べた状態になると、オフィス仕事の成人と同じくらいの運動不足になります。

 

その結果、摂取カロリーを消費しきれないため、太ってしまうところに原因があるとされています。

 

1-2.痩せるためにも脂肪細胞を知っておこう

 

小学生が短期間で痩せる方法2

小学生の太ってしまう原因は生活習慣によるところが大きな原因であることがわかりました。
では、「カラダはなぜ太ってしまうのか?」という肥満のメカニズムを少しだけご紹介していきます。

 

肥満のメカニズムは、カラダの脂肪細胞にエネルギーを溜め込むことで膨張したり、脂肪細胞の数が増えてしまうことが原因で体重が増える仕組みとなっています。

 

これは、そもそも人間が生きていくうえで、しばらく食事ができなくても活動できるようにエネルギーを貯金しておく機能です。しかし、食事をして運動をしなければ、もちろん脂肪細胞に溜まったエネルギーは使われずに膨れ上がります。

 

そのため、エネルギーを使わない状態が続くと、いずれ脂肪細胞のエネルギー貯蓄量が限界に達してしまいます。そうなると、新たなエネルギーの貯蓄場所が必要になることから、脂肪細胞の数が増え、さらにエネルギーが蓄えられるようになっていきます。

 

(参考:第124回 日本医学会シンポジウム記録集 肥満の化学 U.肥満のメカニズム「5.脂肪細胞の増殖」より

 

そのうえ、脂肪細胞の寿命は約10年と言われており、一旦増えた脂肪細胞はその数を減らすことが難しくなります。

 

そうしたことから、実際のダイエットは脂肪細胞を減らすのではなく、脂肪細胞に溜まっているエネルギーを減らすということになります。痩せるということは、脂肪の数が減るのではなく、脂肪細胞が小さくなるということなんですね。

 

また、大きなポイントとして、脂肪細胞が増える「時期」と「場合」があります。これは、胎児末期・生後1年頃・思春期の成長による3回の「時期」と、成人以降での極端な食べ過ぎや運動不足などからくる「場合」です。

 

小学生は、ちょうど成長の時期と脂肪細胞の増加の時期にあたります。そのため、生活習慣によっては太りやすくなり、近年では小児肥満の増加傾向にあると言われています。

 

さらに、小児肥満の約70%が成人肥満に移行すると考えられ、さらに生活習慣病が起こる可能性も高まることが危険視されています。

 

そのため、小児メタボリックシンドロームの診断基準が設置されるようになりました。

 

(参考:厚生労働省(e-ヘルスネット)「子どものメタボリックシンドロームが増えている」より

 

こうしたことから小学生が痩せることは、将来の健康のためにも必要なことと言えます。
ここまで原因が分かれば「小学生がどのようにすれば痩せられるのか?」というヒントが分かりますから、やり方によっては小学生が短期間で痩せることも可能であると考えられますね。

2.小学生が痩せるためにも、「肥満度の計算」でしっかりチェック

これで、肥満の原因やメカニズムが分かりましたね。次は、小学生が痩せる方法をご紹介する前に、大切なことを少しだけご説明させて下さい。

 

まず、大事な成長期にある小学生のうちから無理なダイエットになってしまうと、悪影響を及ぼす危険性があるため、注意が必要です。

 

しかし、かといって注意をしすぎてダイエットの加減ができず、かえって痩せにくい状況を作ってしまうこともあります。

 

そのため、BMI値の計算をして、「どのくらいのダイエットが必要か?」などの目標を知っておくことがダイエットをしやすくする一つの方法となります。しかし、BMI値の計算だけだと、小学生の体格では判断がしづらくなります。

 

理由は、BMI値は主に成人向けの体格を意識した計算方法だからです。骨格や筋肉の発達していない小学生で計算すると、小学生の体格に見合わない結果が伴ってしまう可能性があるのです。

 

そこで、小学生がダイエットをしていくための計算は、厚生労働省でも掲載している小児肥満の肥満度から計算をして、目標を立てていくことが効果的です。

 

小児肥満を知る目安としては、肥満度を割り出す計算式があります。以下の計算式を用いて、年齢別の身長と体重のバランスで肥満度を算定します。

 

肥満度(%) = (実測体重 - 標準体重)÷ 標準体重 × 100

 

この計算式により、幼児では肥満度15%以上が肥満児、学童期以降では20〜30%が軽度肥満、30〜50%が中等度肥満、50%以上が高度肥満と判定されます。

 

(引用元:厚生労働省(e-ヘルスネット)「子どものメタボリックシンドロームが増えている」より


※「実測体重」は、実際に体重計で計った重さです。
※「標準体重」は、次の式で計算します。⇒「身長(m)×身長(m)×22=標準体重」
 例)身長145cmの標準体重は、1.45×1.45×22=46kg
※計算式にある「22」は、疾病の少ない平均的なBMI値です。

 

このように、肥満度の計算をして「どのくらいのダイエットが必要か?」を知ることができます。それによって、ダイエットの目標だけではなく、過度なダイエットの防止をすることができるようになります。

 

2-1.小学生は栄養不足に要注意

 

小学生が短期間で痩せる方法5

小学生ごろから、体の成長に伴い必要な栄養を供給するためにかなりの量の食事を摂ります。

 

これは、体が大人になるために骨を太くしながら伸ばしたり、臓器を発達させてより強くするなどのために栄養が必要となるからです。

 

さらに、10代で運動系のクラブ活動や習い事を行っていれば、なおさら栄養が必要となり、成人よりも食事を多く摂ることはめずらしくありません。

 

そうした成長期にダイエットを行うことは、リスクがあります。例えば、必要以上にダイエットを行うと、本来必要な栄養が不足してしまいます。そうなると、発達するべき臓器や、成長すべき体のホルモンバランスが崩れて、成長期を終えた成人以降に悪影響が出てしまうことがあります。

 

とくに女性に関しては、重大なダメージにつながってしまう恐れが考えられます。最も多いのは、生理不順があたりまえのようになってしまって、妊娠ができにくくなってしまうことです。

 

また、男性も共通しますが、骨のつくりが弱まることで、骨粗鬆症になりやすくなってしまうなど、健康面が崩れてしまうリスクを抱えてしまうことになるのです。

 

そのため、小学生がダイエットを行う場合、成長期に必要な栄養はしっかりと補給しておく必要があります。ところが、逆に過度な栄養摂取になると、小児メタボリックシンドロームを引き起こしてしまう可能性があります。

 

特に、朝食の欠食や、夕食時間が遅くなったり睡眠時間が短くなると、小児期メタボリックシンドロームを促進させてしまう要因になることが分かっています。

 

小学生が短期間で痩せるためには、必要な栄養摂取と規則正しい生活習慣を基本にしておく必要があります。

3.小学生が短期間で痩せるには、どんな方法がある?

小学生が短期間で痩せる方法3

さて、原因や注意点が分かったところで、あとは小学生の痩せる方法を考えてみましょう。
まず、結論からすると、小学生が痩せる方法は、運動や食事制限が必要です。

しかし、文部化科学省によると、運動に関して小学生の男の子の10.5%、女の子の24.2%が1日平均で約60分ほどしか運動をしていないのです。さらに、学校での体育の授業以外では1日10分以下しか運動をしていないことが分かっています。

(参考:文部科学省 子どもの体力向上のための取組ハンドブック 第2章 全国体力調査によって明らかになったこと 「3 運動習慣と体力の二極化傾向」より

本来、小学生くらいまでは子供は風の子と言われていたように、外で元気よく日が沈むまで遊ぶことが一般的でした。しかし、現代では外で遊ぶことが危険になってしまったり、塾通いや習い事などによって子どもの遊ぶ時間が昔ほど無いと言われています。

痩せる方法で必要な運動が不足していると、短期間で痩せるどころか、ダイエットを行ってふつうに痩せることも難しくなってしまいますね。

そうなると、小学生が運動をするには、運動系の習い事を始めて定期的にカラダを動かす。もしくは、土日のお休みなどにお父さんやお母さんに外遊びのできるレジャー施設へ連れて行ってもらったりするということが必要になります。

しかし、最近では共働きのご家庭もあり、お父さんやお母さんの時間的な負担や金銭的な負担が増えてしまいます。その他にも、土日にお休みの取れないご両親は子供を連れていくこと自体が難しい場合があります。

もちろん、運動をさせる方法はそれだけではありません。例えば、交通が便利になって歩く機会も随分と減っています。そこで、少しでも痩せるためになるべく歩かせたり、エスカレーターではなく階段を使うといった工夫もあります。

さらに、外遊びができる機会や環境があれば、走り回って遊ばせてあげることを少しだけ優先的にさせてあげましょう。普段の生活習慣の中でも自然にエネルギー消費を促す行動ができるようにクセづけることも痩せる方法として充分に有効です。

こうした、外遊びや、運動系の習い事ができる環境を作ることが難しいことも多くあります。そのため、絶対に運動をするというよりは、少しだけ運動をする時間を作ってあげることから始めてみてください。

あとは、毎日用意してあげられる「食事」や「おやつ」をメインに「食事制限」などをしてあげることです。そうして痩せさせてあげることが、小学生にとっては現実的なダイエット方法になっていきますし、少しでも短期間で効果が得られるようになります。


3-1.一番の痩せる方法は食事制限?


小学生が短期間で痩せる方法4

現代の小学生が痩せようとする方法を考えると、食事制限がいかにできるかがポイントになっていきます。

その理由として、表面上は小学生の運動不足によってエネルギーを消費しきれないため、食事制限も必要であると考えがちです。しかし、その影に隠れた最大の原因があります。それは、糖質や脂質をたぷっりい含んだスナック菓子の食べ過ぎや、油ものの食べ過ぎです。

これには理由があり、お父さんやお母さんが忙しい場合、スーパーなどで買った惣菜物が多くなりがちになってしまいます。そのうえ、揚げ物など親の好みの食事になってしまうこともあり、運動不足な小学生に高カロリーな食事を与え続けてしまっているのです。

また、おやつやジュースなどの糖質もなるべく控えてあげる必要があります。とくに、小学生低学年から高学年になると、カラダを成長させるために食事量が一気に増えていきます。

こうした時期に、小学生が大好きなお菓子やジュースなどの糖質を摂り過ぎることで、肥満へと繋がることになります。

しかし、小学生が食事内容やおやつを気にして、自主的に食事管理をするのは難しいところがあります。おまけに、ごはんはお腹いっぱいたべさせてあげたいのが親の心です。

そうなると、痩せるために糖質のコントロールをするには、さりげなく「たくさん食べても太りにくいもの」を、夕食に並べてあげる方法が必要となります。

例えば、おかずは、いつも通りでも、糖質量を減らしてあげる「こんにゃく米」をお米に混ぜて出してあげる方法などが有効です。

「こんにゃく米」は通常の白米に混ぜるだけで糖質を50%もカットできます。そのため、たくさん白米を食べているつもりでも、自然と糖質制限ができるようになるのです。

もちろん、おかずに油ものや、おやつにスナック菓子などは食べ過ぎないようにしておかないと、食事制限の意味がなくなってしまいますので、注意しましょう。

4.「こんにゃく米」が小学生のダイエットのカギ?

短期間で痩せる小学生短期間で痩せる小学生
「こんにゃく米」を使うメリットを少しだけご紹介します。

 

まず、小学生が食事制限や糖質制限をして痩せようとするには、少しだけ「ダイエット食」の内容を考えてあげる必要があります。

 

例えば、「ダイエット食」の内容を一般的に考えると、成人の方が実践するような「スムージー」を使った糖質制限や、市販の「低カロリーダイエット食品」などが思いつきます。

 

しかし、残念ながら、その多くは子供が苦手な味で作られているものが多いようなのです。

 

加えて、そうしたダイエット食品は高額なものが多く、定期的に継続をするには少しお財布の負担が大きくなってしまうこともいなめません。

 

しかし、「こんにゃく米」であれば、小学生でも食べやすく作られており、お手頃な価格なです。

 

そのほかにも、

  • といだお米に混ぜて炊くだけなのでお手軽。
  • ごはんに混ざっているので自然に糖質制限ができる。
  • 不足しがちな食物繊維を豊富に含んでいる。
  • 原材料が無農薬のむかごこんにゃくを使用しているから、安心。
  • さらに、国内加工で着色料・保存料は不使用のため安全に口にできる。

 

このように、自然な糖質制限ができるうえ、不足しがちな食物繊維も豊富に含んでいるので、栄養バランスのサポートにもピッタリです。さらに、調理の手間がかからず、安全性も優秀なことから、安心して利用できるメリットがあります。

 

そうしたことから、「こんにゃく米」は、味・安全・価格のどこからみても、継続しやすくおすすめです。
まずは、一番お手頃なお試しセットから様子を見てみるのも良いでしょう。

 

⇒「こんにゃく米」で我慢ゼロのダイエット!はこちら

 

 

短期間で痩せるダイエット

短期間で痩せる方法の基礎

 


当サイトでは「短期間で痩せる方法」をメインテーマにして、色々な角度から説明しています。


「短期間で痩せる方法」の基礎は、ダイエットの基本とも言える食事による摂取エネルギーと運動による消費エネルギーのバランスや、ダイエットのサポートとして、ダイエットサプリメントを効果的に使うことです。


その「短期間で痩せる方法の基礎」の詳細については以下のページで説明しています。


短期間で痩せるボタン