短期間で痩せる時間と方法

短期間で痩せる方法は、カラダのリズムと時間帯が基本!! | 短期間で痩せるにはこのダイエット方法が効果的!!

短期間で痩せる方法は、カラダのリズムと時間帯が基本!!

短期間で痩せるには時間帯

わたしたちのカラダには3つの生理的サイクルがあります。

 

これは、短期間で痩せる方法の基本として、生活リズムの適正な時間帯となり、「排泄・消化・代謝」の時間帯に分けられており、健康的な体の基本サイクルとして近年では研究されてきました。

 

この基本サイクルは「ナチュラル・ハイジーン」という自然健康法で研究された、サイクルです。

 

この時間帯に合わないダイエット方法を行っていると、いくら自分の生活習慣や、食生活を工夫した方法でも、痩せづらかったり、方法によっては逆に太ってしまうなど、なかなか成果が出ない場合があります。

 

この時間帯別のカラダのリズムに合わせて、「食事」や「睡眠」をとる方法にする事により、痩せやすいカラダを作り短期間で痩せる方法の成果が出せるようになります。

 

この基本サイクルの方法を知って、ダイエット成功を目指していきましょう!!

- 短期間で痩せる方法と時間帯その@ -

AM4:00〜PM12:00は排泄の時間

排泄の時間にあたるこの時間帯は、体の毒素を出しきり、排泄を促す時間で、「しっかりとした食事」をとるのはNGとされています。
なぜなら、「しっかりとした食事」を摂ると、消化に負担がかかり、排泄の妨げとなるため、体のリズムも崩れがちになって痩せづらくなる方法となってしまうからです。

 

そのため、短期間で痩せる方法としてはNGなのです。
しかし、朝食の時間帯に一定のエネルギーを摂取していないと、お昼までエネルギー補給ができずに不健康な方法ともなってしまいます。

 

そこで、朝食にもあたるこの時間帯の食事はダイエット中のネルギー補給方法の一つとして、消化や排泄の妨げになりづらい生野菜や果物などの、生ジュースやスムージーを摂ることをおすすめします。

 

また、この時間帯に排便のある人は、夜中に代謝して解毒したものを尿や便として排出しているため、この生理リズムに合っておりダイエット方法だけではなく、健康的な方法としても向いているといえます。

 

ワンポイントアドバイス

朝起きたら、良質の水を飲み、搾りたての生ジュースをゆっくりかむ様に飲むのがコツです。
忙しい時は、別の方法で生野菜と果物を軽く食べるだけでもOKです。

 

良質の水を飲む事で、排泄を効率よく循環させる事と、生ジュースをかむ様に飲む事で満腹感を得られるので、短期間で痩せるための方法として最適です。

 

また、PM12:00までは生ジュースで過ごすのが基本的な方法ですが、お腹がすいたら、バナナなど必要な消化に良いものを間食にしましょう。

- 短期間で痩せる方法と時間帯そのA -

PM12:00〜PM20:00は栄養補給と消化の時間

1日のなかで消化能力が上がるのは、PM12:00を過ぎてからで、短期間で痩せる方法として、食事をしっかりとるならこの時間がベストです。

 

実は、昼前におなかかがすいたりするのは、朝起きてから、少しずつ臓器の働きが良くなって、胃腸が目覚めたサインです。

 

ここは消化が活発に働きだす時間となるので、口から入った食物をよく消化し、栄養素もしっかり吸収できます。
その為、短期間で痩せる方法の妨げになるような消化能力が必要な炭水化物やタンパク質はPM12:00をまわってから摂るようにしましょう。

 

この時間帯に食事をたくさん摂ることによってエネルギー補給をしていきますが、ここで食事がしっかり摂れていないと、睡眠時に行われる代謝などに悪影響を与えて、栄養が足りずに体の調整がうまくいかず、翌日に疲れが残りやすくなるなど、体調不良の原因ともなってしまいます。

 

こうしたことから、ここではしっかりと食事を摂ることが成功への方法となっていきます。
また、夕食は20時までに済ませるのも短期間で痩せる方法のポイントです。

 

ワンポイントアドバイス

お昼のランチの食事方法はパイナップルなどの果物を最初に口にし、酵素などのダイエットに必要な栄養がたくさん入っているものをなるべく意識して先にとりいれるようにしましょう。

 

メインは食物繊維の摂れるとろろそばとミネラル豊富な海藻サラダなどがおすすめの食事方法です。
また、夕飯までにお腹がすいてしまった場合は、短期間で痩せる方法としてナッツなどのくるみ、アーモンド、などですませましょう。

 

短期間で痩せる方法としては、夕食はなるべくなら、18:00から20:00までの間にすませましょう。

 

もし、仕事などで遅くなり、どうしても20時までに家に帰れない時は、家についたらまず食事にしましょう。
そして、いつもより多めに栄養も摂れる生野菜サラダなどの野菜類を先に食べておくようにしましょう。

- 短期間で痩せる方法と時間帯そのB -

PM20:00〜AM4:00は吸収と代謝の時間

 

短期間で痩せる方法は、睡眠をしっかりとることがポイント。吸収と代謝の時間は、「栄養補給と消化の時間」に食べた物をもとに体内で新陳代謝が行われます。

 

これは、全身に栄養がいきわたり、古くなった細胞を作りかえるなどの、新しい体を生産している時間です。
ここで食事を多く摂り過ぎたりすると、代謝や吸収を妨害して、体の調子を崩したり、エネルギーが消費されずに脂肪となって太ってしまう方法となります。
そのため、代謝や吸収の妨げにならないように、20時を過ぎたら食べないのが理想であり、「良質な睡眠」を取る事が短期間で痩せる方法として大切な時間帯になります。

 

遅くなっても夜は0時までに寝て7〜8時間睡眠を守りしっかりと睡眠をとりましょう。

ワンポイントアドバイス

遅くても0時には寝ること。

 

良質な睡眠が夜中の代謝と免疫力を上げることになるので、早ければ22時には寝て、朝5時に起きる生活にシフトして体のリズムを整える様にしましょう。

 

また、寝つきが悪い、早起きが辛いという人は、栄養不足の可能性があります。
バランスの良い栄養を摂って、夜12:00までに寝る事ができれば早起きも楽になるでしょう。

 

早寝早起きは体の器官を作ったり、傷ついた細胞の修復をしてくれるので生活習慣改善方法の一つとして、ぜひ実践していきましょう。

 

夜食や深酒は厳禁で吸収と代謝の時間に夜食や深酒をすると、消化不良を起こし、代謝と免疫力が下がる原因になってダイエットの妨げとなってしまいます。
基本的に食事は寝る3時間前には済ませるようにしましょう。

短期間で痩せるダイエット