短期間で痩せるための筋トレ

短期間で痩せるための、筋トレ | 短期間で痩せるにはこのダイエット方法が効果的!!

短期間で痩せるための筋トレ

筋トレ

どうしたら、短期間で痩せる事ができるのか?ということを考えてみると、たくさんの食事法や運動方法が考えられます。

 

特にダイエット中のトレーニングにおいて、筋トレは必須の方法ですが、この筋トレも色々な種類があり、筋トレ専門の本やDVDもたくさんあります。

 

そのため、どれが自分に合うのか良く分からずに様々なダイエットトレーニングの本やDVDを買っては、効果がイマイチ分からずに続かず、次から次へと移ってしまう事もあります。

 

そこで、短期間で痩せるための筋トレは、何が最適なのか?という事を説明していきます。

 

結論から言いますと、短期間で痩せる筋トレの最大の目的は、「大きな筋肉」を鍛える事です。

 

まず筋トレとは、「筋トレ=エネルギーを消費する運動」と考えている方がいるかもしれませんが、筋トレをする事によって得られる最大の効果は、筋肉を増やすことによって基礎代謝量が増え、運動をしていない状態でも消費エネルギーを向上させる事にあります。

 

もちろん、筋トレ中もエネルギー消費は起こりますが、一番の効果は増えた筋肉が日常生活でのエネルギー消費量も増やしてくれる事なのです。

 

筋肉量が増えれば、エネルギー消費も増え、その分、短期間で痩せる事ができる事になります。

 

エネルギーの消費が大きい方が、より短期間で痩せる事ができるので、エネルギー消費量が多い、大きい筋肉を優先的に鍛える事が必要となってきます。

 

これは、単純に「小さい筋肉」と「大きい筋肉」では、大きいほうがエネルギー消費も多いという理屈だからです。

 

鍛えるべき大きい筋肉は、「大胸筋」「広背筋」「大臀筋」「大腿直筋」と言われる部位です。

 

実際は細かい筋肉名がほかにもありますが、簡単に言うと、「胸の筋肉」「背中の筋肉」「お尻の筋肉」「太ももの筋肉」が人の体の中で一番エネルギー消費量の多い筋肉になるので、短期間で痩せる筋トレをするなら、この4つを中心に鍛える事が最適とされています。

 

もちろん、筋トレにもバランスが必要なので、腕やふくらはぎなども鍛えていきますが、メインと考えるなら、この4つの筋肉を中心に考えていきます。

 

そうする事で、より効率的かつ短期間で痩せるための体が仕上がっていくのです。

 

こうした鍛えるべき筋肉に焦点をあてずに、やみくもに筋肉を鍛えても鍛える箇所にバラつきが起こり、筋肉の増量が難しくなってしまいます。

 

筋肉の増量を目指すには、定期的に同一箇所の筋肉に負荷を与えることによって、カラダがその不可に耐えられるように筋肉を大きくしていきます。

 

この定期的に同一箇所への負荷を与えることができていないと、成果がなかなか出なくなってしまいます。

 

そのため、筋肉トレーニングは、週3回くらいからを目処に、定期的に行うことが良いと言われています。

 

また、連日同一箇所の筋肉に負荷をかけ過ぎると、回復がしづらくなり筋肉が増えづらくなってしまうことから、筋肉痛になっている箇所があれば、収まるまで負荷をかけずに他の箇所の筋肉を鍛えるようにしていくことがポイントとなっていきます。

 

こうした筋トレを織り交ぜながら、ジョギングなどの有酸素運動も行うことで、ダイエット効果を高めることができるようになっていきます。

短期間で痩せるための正しい筋トレ -女性編-

美しく痩せるための、女性用筋トレ方法のご紹介です。
男性用よりも負荷は小さく、美しいスタイルを作るトレーニング方法です。
正しい筋トレ方法を実践して、キレイなボディーラインをぜひ、手に入れて下さいね!!

 

正しい「腕立て伏せ」

 

正しい「腹筋」

 

正しい「背筋」

 

正しい「お尻」の鍛え方

 

正しい「内モモ」の鍛え方

 

正しい「ふくらはぎ」の鍛え方

短期間で痩せるための正しい筋トレ -男性編-

男性専用の筋トレ方法です。
男性は特に、筋肉をつける方がダイエットに有効です。
女性よりも負荷の高い、正しい筋トレ方法のご紹介です。

 

正しい腕立てプッシュアップ(大胸筋)

 

正しい腹筋:クランチ(腹筋上部)

 

正しい腹筋:ダブルクランチ(腹直筋)

 

正しい腹筋:ツイスト(腹斜筋)

 

正しいヒップリフト:ハムストリングス

 

正しいスクワット:大腿四頭筋・ハムストリングス・大臀筋

短期間で痩せるダイエット