1か月で成果を出す運動や食事のメニューの組立かた

短期間で痩せるダイエットメニュー | 短期間で痩せるにはこのダイエット方法が効果的!!

1ヶ月で成果を出す運動や食事のメニューの組立かた

1ヶ月メニュー

1ヶ月という短い期間でダイエットを行う場合、運動と食事によるダイエットメニューをしっかりと考えておく必要があり、さらに必ず実行をする必要があります。

 

これは、長期間のダイエットであれば、体調や予定などによってメニューをある程度変更したりするなど柔軟に対応していけますが、短期間でダイエットの成果を得ようとすると、短い期間により使える時間がタイトになるため、組んだダイエットメニューに沿って行わなければ成果がだしにくくなります。

 

そのため、1ヶ月という短い期間でも達成できるような比較的難易度の低い運動や食事のダイエットメニューを組んだり、または、しっかりと行うためにも1週間ごとにスケジュールを組んでメニューをこなして達成するまで自己管理をきちんと行う必要があります。

 

ここでは、1ヶ月という短期間でダイエットを成功させるためのダイエットメニューの組み方を説明していきます。

ヶ月で達成するダイエットメニューのコツ

1ヶ月でダイエットメニューを組む場合、1週間ごとにメニューを組んでいくとダイエットの実践と継続をしやすくなります。

 

例えば、1ヶ月は4週間と考えた場合に、1週目に運動を週何回行い、食事はどういった内容にしていくか?ということを4週目までスケジューリングしてしまうのです。

 

では試しに、ダイエットを初めて行うと仮定して1週目のメニューを組んでみます。

1週目

運動 ウォーキング2Km
食事 おにぎり1個 鶏のソテー・サラダ 野菜たくさんスープ・牛肉ステーキ・サラダ

運動 上半身筋トレ:腕立て30回 腹筋30回 背筋30回
食事 おにぎり1個 焼き魚定食 チキンサラダ

運動 なし
食事 おにぎり1個 海鮮丼 豆腐サラダ・鶏肉グリル

運動 ウォーキング2〜3Km 腕立て30回
食事 おにぎり1個 鶏肉ソテー定食 スープ・遅筋サラダ

運動 運動なし
食事 おにぎり1個 焼き魚定食 豆腐サラダ もずく

運動 上半身筋トレ:腕立て30回 腹筋30回 背筋30回
食事 おにぎり1個 キンサラダとサンドイッチ 野菜スープとサラダ

運動 なし
食事 おにぎり1個 食べたいもの 豆腐サラダ

このように、運動は軽めから始めて、筋肉痛の日はカラダを休ませ、食事は基本的に糖質を抑えつつ肉類や野菜類はしっかり食べるようにします。

 

こうしてメニューをスケジューリングすることで、計画的に脂肪燃焼をしながら健康維持を促して太らないようにしていきます。

 

このメニューをこのまま4週続けても良いですし、慣れてきたら筋トレを10回ずつ増やしたり、ウォーキングをジョギングに変えるということも効果的なメニューの組み立て方です。

厳しすぎるメニューにならないように注意

ダイエットメニューを組む場合に注意しなければいけないのが、やり過ぎです。
例えば、運動の負荷を上げ過ぎてしまったり、食事を削りすぎてしまうと、体調を損なう原因となってしまいます。

 

そうならないようにダイエットメニューを組むコツとして、週に何回の運動をすいるか?また、一日に最低どのくらいの量の栄養を摂るか?を決めておきます。

 

そうすることで、許容を下回ったり、上回った場合にメニューを整えることで、1ヶ月でも痩せるができるようになっていくのです。

2週目〜3週目前半のメニューに注意

2週目〜3週目の前半はちょうど、カラダの疲れが出てきて、やる気も低下してきます。
特に、食事制限については甘いものを食べたくなってしまうので注意が必要です。

 

この期間、どうしてもやる気が低下してしまった場合は、運動メニューや食事メニューの内容を少しだけ軽くしておくことがオススメです。

 

ここで止めてしまうと、この後ダイエットメニューを全くやらなくなってしまう可能性があるため、少しでもやったということだけは実践しておくのです。
そうしてカラダの疲れが抜けた頃にまた、いつも通りの内容に戻していけば良いのです。

メニューの組み方の最大のコツ

ダイエットに慣れた方でしたら、自分のサボりグセなどが分かるので、どのようにメニューを組み替えて行けば良いか?というのが分かるでしょう。

 

しかし、ダイエット初心者の方の場合は、どのくらい抜けば良いのか?が分かりまんし、気を抜けば中止してしまうような難しい問題です。

 

もし、メニューを緩めるとしたら10〜30%くらいまでにしておきましょう。
例えば、あまりにもカラダがつかれたの7で、運動量はいつもの10%減らして、食事はいつもの10%だけ増やしてしまおうなどという考え方です。

 

緩める量を数値で決めておくことで、ストレスによるドカ食いなどを抑えることができます。

 

こうしたメニューの組み方をしておくことで、ある程度安定的に継続して短期間のダイエットを行うことができるようになります。

 

短期間で痩せるダイエット

関連ページ