短期間で痩せるメニュー作りのポイント

短期間で痩せるメニュー作りのポイントは、「食事の置き換え」 | 短期間で痩せるにはこのダイエット方法が効果的!!

短期間で痩せるメニュー作りのポイントは「食事の置き換え」

短期間で痩せるには食事メニュー

短期間で痩せるダイエットを実践していくうえで、痩せるための食事メニューを継続して考えるには大変な部分があります。

 

痩せるためには、カロリーや栄養素を踏まえて、毎食のメニューを考えなければいけませんし、メニューを毎回考えていると、どこかで必要なことが抜けてしまって、栄養不足やカロリーオーバーになってしまうということもあります。

 

そうした、短期間で痩せるための食事メニューにブレが生じない様に、食事を置き換えるという方法があります。

 

食事を置き換えることで、毎食のメニューを考えてメニュー内容がブレたり、メニューを考えるうっとうしさから解放され、安定したダイエット食の食事メニューを継続させることができるようになります。

 

もし、食事を置き換えずに毎食のメニューを考えて、料理を作るとなると、始めはできますが、だんだんと楽をしたくなり、メニュー内容に手を抜きダイエット食のメニューとしては、ブレた内容となってしまう可能性があります。

 

そうなると、カロリーコントロールが効かなくなったり、栄養が不足してしまうような場合もあり、リバウンドや体調不良の原因となったり、単純にダイエットをやめてしまう場合も考えられます。

 

そうしたことから、食事メニューの安定を図るために、食事の置き換えを取り入れて、自分に負担がかかり過ぎないようにすることで、安定した食事メニューを継続させていきます。

 

置き換えメニューはどう考える?

例えば、朝食はいつも考えて作っていたが、それをグリーンスムージーに置き換えたり、夕食はいつも夜遅いので、野菜スープに置き換えるなどというメニューづくりです。

 

グリーンスムージーや野菜スープなどは、低カロリーで栄養価の高いメニューなので、ダイエットにはうってつけのメニューとなります。

 

これを、朝はグリーンスムージー、昼は食べたいものを食べる、夜は野菜スープなどにする事で、かなり効率的な食事メニューとすることができます。

 

こうすることで、考える手間を省き、負担がかからないようにしていくことがポイントです。
しかし毎食同じパターンでは飽きてしまいますので、週に1回は好きなものを食べるなどの遊びを入れながら食事を楽しむようにしていくことが大切です。

短期間で痩せるために、メニューが極端な食事制限にならないように注意

メニューを置き換える方法をご紹介しましたが、ここで注意点があります。

 

それは、朝と夜を置き換えた事により、極端な食事制限にならない様に注意する事です。
これは、1日の食事を全体的にみた場合、カロリ−や栄養バランスが不足しすぎて極端な食事制限にならないようにする必要があります。

 

食事は通常、お昼をある程度食べていれば、朝と夜に食事制限をするのは有効ですが、短期間で痩せる事に集中しすぎて、お昼も低カロリーになり過ぎてしまようなことになると、低血糖を起こしてしまったり、貧血になってしまったりという事になりかねません。
また、単なる栄養不足になってしまってもいけません。

 

ダイエットも食事メニューが過剰になってしまうと、害となってしまいます。
そうしたことを考えると、置き換える場合の食事メニューは、お昼は必ずしっかり摂ることを基本として、朝と夜をどのようにどれくらい制限するか?ということが、ポイントとなります。

 

まずは、体調を不良を起こさない程度の加減をして、食事メニューをどう置き換えるか?を考えて、できれば、一日の必要摂取カロリ−や栄養バランスを考慮したうえで、毎食の置き換えメニューを固定させることで、健康的なダイエットを実践できるようになっていきます。

 

短期間で痩せるダイエットを成功させるためにも、食事メニューで栄養不足にはならない様にサプリメントなどで栄養補給をすることも一つの方法です。

 

短期間で痩せるダイエット