短期間で痩せるお腹まわりの解消方法

お腹まわりを短期間で痩せさせるには!? | 短期間で痩せるにはこのダイエット方法が効果的!!

お腹まわりを短期間で痩せさせるには!?

短期間で痩せるにはお腹まわりの解消方法

お腹まわりを短期間で痩せたいという想いはダイエットを始める際によく考えます。

 

ただ、ダイエットを続けていくと、だんだんと感じてくるのは、お腹まわりが一番痩せにく場所でもあるということです。

 

これは、体のエネルギーを貯蓄しておくためにお腹まわりの脂肪をエネルギーの貯金箱としている関係にあるためです。

 

ダイエットを行う事で、お腹まわりの脂肪は少しずつ落としていくことができますが、最後に脂肪が減っていく部分でもあるのです。

 

短期間で完全な脂肪燃焼は難しいかもしれませんが、お腹まわりが痩せる方法を、ご紹介していきます。

 

まず、ダイエットを始めた当初はお腹がぽっこりしている方が大半だと思われますが、ぽっこりお腹の原因は全て脂肪によるものではない可能性があります。

 

一般的に考えますと、ダイエットが必要なほど太っている場合は、そもそも食べ過ぎである事が考えられます。

 

その食べ過ぎによる結果、脂肪以外にも宿便があり、お腹ぽっこりしている部分もあるということです。

 

つまり便秘気味の、あるいは便秘の状態ということです。
この宿便を解消するだけでも人によっては1〜2sほど体重が変わるという人もいるほどです。
これは、食べ過ぎが原因と言われていて、単純に食べ過ぎた結果、消化不良を起こして、便秘になるということです。

 

これを解消するには、食事内容の改善をして、食物繊維を豊富に摂る事が代表的ですが、、体のメンテナンスやリセットも含めて考えると、断食ダイエットを1日〜1日半ほど行うことで、かなりの便秘解消が見込まれます。

 

あまり長い断食は体に負担が大きくなってしまうので注意が必要ですが、断食によって1日3食分の食事を消化ではなく、排泄に力を回す事でぽっこりおなかを解消させる方法です。

 

更に、食事内容を改善して、栄養バランスと食事量を適正にすることで、自然とお腹の脂肪が落ちていく様になっていきます。

 

まずは、体内のリセットをすることが、お腹まわりを短期間で痩せさせる近道となってきます。

 

お腹の脂肪を燃焼させるためには、基本的には、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行うと効果的です。

 

しかし、毎日仕事などで忙しくなかなか時間が取れないような場合は、電車通勤であれば、最寄の一つ前の駅で下車して歩いたり、帰り道を少し遠回りして変えるなど、歩く距離を伸ばして少しでもエネルギーを消費していくと良いでしょう。

 

また、お腹周りが出ている場合、体幹や腹筋の筋力が弱っているため、お腹がポッコリしてしまっていることもあります。

 

そのため、できるだけ階段を使ったり、週に2〜3回くらいは腹筋をおこなったり、入浴後にストレッチを行うなどをしていくと筋肉に刺激が加わり、体がひきしまりやすくなります。

 

お腹周りの脂肪を減らそうと、過度な食事制限や、糖質カット、無理なトレーニングなどを行う方もいらっしゃいますが、それでは、体調不良の原因となってしまう可能性があります。

 

ダイエットの基本は代謝を上げることから始める必要があるため、食事は制限しながらも3食しっかりと摂り、体内の循環がよくなるように水分補給を怠らないようにして、ダイエットに臨むことが必要です。

 

お腹周りを痩せるには、そうした体調管理のうえで、便秘の解消や腹筋や体幹を引き締めて、有酸素運動で脂肪燃焼を行っていくことが短期間で痩せることに繋がっていきます。

 

短期間で痩せるダイエット