短期間で痩せる リバウンドなし

リバウンドしないでダイエットを短期間で成功させるコツ | 短期間で痩せるにはこのダイエット方法が効果的!!

リバウンドしないでダイエットを短期間で成功させるコツ

短期間で痩せるにはリバウンド対策

ダイエットを行う場合につきものなのがリバウンドですが、ダイエットが順調に進んでいるときは意識をあまりせず、リバウンドをしてしまってから後悔をすることがあります。

 

特に短い期間でダイエットを実践していくとリバウンドをしやすい状況になりやすくなります。

 

これは、単純に食べ過ぎなどによるリバウンドの問題だけではなく、カラダの生命維持をする機能であるホメオスタシスの働きによる影響もあります。

 

ここでは、短期間でのダイエットでもリバウンドをしない方法をご紹介していきます。

1.短期間でリバウンドしてしまう条件は?

短い期間でダイエットを行う場合、「いかに体重を一気に減らせるか?」ということが目標になる場合があります。

 

これは、目標自体は問題ないのですが、一気に体重を減らす場合はその分カラダに様々な負担がかかることから、その反動でリバウンドしやすくなってしまう3つのポイントを知っておくことが必要です。

 

リバウンドに注意したい3つのポイント

  1. 運動後の体力回復にドカ食いの危険性
  2. 普段のストレスによる食欲に注意
  3. 月に5%以上の減量に注意

 

1-1.運動後の体力回復にドカ食いの危険性

短期間でダイエットを行う場合、脂肪燃焼を促すためにある程度負荷の強い運動を行っている場合があります。

 

運動はカラダの筋肉を鍛え基礎代謝を高めて、溜まった余分なエネルギーを消費し脂肪燃焼をさせるので必要なことですが、運動によるカラダの疲れや修復に食事と睡眠が必要になります。

 

特に、運動によってエネルギーが一気使われて失われた場合、また次のエネルギーを補給しようとしたり、使った筋肉の修復に必要な肉類などのタンパク質をたくさん補給しようとドカ食いをしてしまうことがあります。

 

この時に、肉類などのタンパク質をたくさん食べることは問題ないのですが、糖分を多く含む炭水化物やジュースなどをたくさん摂ってしまうとリバウンドをしてしまう可能性があります。

 

しかし、運動後は食欲が出てしまうので、食事をする場合は野菜と肉類によるタンパク質を中心にたくさん摂って、糖質はなるべく抑えておくようにしましょう。

 

野菜や肉類のビタミン・ミネラル・タンパク質はリバウンドしにくい栄養なので、脂質を摂り過ぎなければ、お腹いっぱい食べてもリバウンドしづらいので大丈夫です。

 

できれば、糖質は摂らない方が良いのですが、どうしても摂りたい場合はおにぎり1個くらいの量に留めることがリバウンドをしないコツの一つです。

 

また、満腹感がでれば自然と糖質を欲しがらなくなるので、まずは野菜や肉類から口にしておくことが必要です。

 

食事の順番としても、最初に口にしたものが一番栄養が吸収され最後に口にしたものが吸収されにくくなるので、習慣的に炭水化物は最後にたべることが理想的です。

 

1-2.普段のストレスによる食欲に注意

リバウンドに注意したい点2つめは、ストレスによるリバウンドです。
これは、仕事でのストレスや、学校でのストレスなど私たちの生活の中で感じるストレスが食欲へと繋がってリバウンドしてしまうということです。

 

例えば、仕事で上司に怒られたり、残業続きになってしまったり、学校の成績が落ちてしまったり、親に怒られたなど、普段「イヤだな〜」と思うことがストレスとなり、その解消方法が食事や甘いもののドカ食いに繋がってリバウンドをしてしまうことがあるのです。

 

これはストレス解消方法が食事に繋がっているので、人によっては衝動買いをしてしまったり遠いところへ旅行へ行くなど解消方法が様々なのですが、人が生活していくうえで一番身近な解消方法が食べる事なので、多くの人がストレスを感じると食事でストレス解消を求めてしまうようになるのです。

 

そのため、ストレスが溜まってきたら、リバウンドをしないように別のストレス解消方法でストレスを発散していく必要があります。

 

特にダイエット中であれば、運動をしてストレス発散に繋げる事がオススメです。
運動をすることで、エネルギーの消費・脂肪燃焼へも繋がりますから一石二鳥です。
ポイントはストレス発散の場合の運動は、軽めに行うこと。

 

これは、軽い運動で少し余裕なくらいが、カラダもリラックスでき心もスッキリできるからです。
もちろん、おもいっきり運動をしたい場合は行え場良いのですが、あまり極端に行うと余計に食欲が出てしまうので注意が必要です。

 

こうした食事以外でストレス発散をしていくことで、リバウンドを予防していくことができるようになっていきます。

 

1-3.月に5%以上の減量に注意

人のカラダには生命を維持するためのホメオスタシスという機能が備わっています。
これは、カラダが飢餓状態になったり、栄養不足でカラダの調節がしづらくなった場合などに生命を守るための安全弁として、働きます。

 

その機能の一つに、1ヶ月間に約5%以上の体重が減少してしまった場合、ホメオスタシスの機能の一つが働きはじめ、それ以上体重が減ってエネルギー不足にならないようにカラダ全体を省エネモードへと変えてしまいます。

 

この省エネモードになってしまった場合、どれだけ食事制限をしても、どれだけ運動をしても脂肪燃焼がされずにエネルギの消費を抑えてしまいます。
これが、ダイエットの停滞となってそれ以上の体重が減りづらくなってしまうのです。

 

ダイエットが停滞してしまうと、体重がなかなか減らない焦りから、ストレスでドカ食いをしてしまったり、我慢できずに甘いものを食べてしまうなどリバウンドの原因にもなってしまいます。

 

そのため、1ヶ月に5%以上体重が減らないようにしておく必要があります。
そうすることで、リバウンドをせずに順調にダイエットを行うことができるのです。

2.リバウンドをしないためには、食事の注意と運動の継続

短い期間でリバウンドをしないようにするためには、適度な食事制限と定期的な運動の継続は欠かせません。

 

特に、ダイエット中の気の緩みから、せっかくできかけたダイエットのスタイルを一度崩してしまうと、最初に始めたころよりも戻すことのほうがとても大変です。

 

食べたいものを食べて、休みたいだけ休むということを感じてしまうとカラダは楽な事を求めますから、ダイエット中の場合はさらに大変です。

 

リバウンドをしないようにするためには、あまり苦しくない程度に楽しめる範囲で実践していくことが一番効果的で継続できる方法となります。

 

短期間で痩せるダイエット