短期間で痩せるには食事を食べない

「短期間で痩せる=食べない」は、老化と肥満のもと!! | 短期間で痩せるにはこのダイエット方法が効果的!!

「短期間で痩せる=食べない」は、老化と肥満のもと!!

老化

ダイエット中に食事を食べない習慣をつけてしまうと、かえって太りやすくなってしまう場合があります。

 

例えば、1日3食のなかで、朝食を食べないでおいた場合に、前日の夕食から翌日の昼食まで長時間にわたりエネルギー補給をしないことに原因があります。

 

これは、私たちのカラダの機能の一つとして、エネルギーを補給していない時間が長くなればなるほど、次にいつエネルギー補給ができるかわからないため、餓死しないようにカラダがたくさんのエネルギーを補給しようと脂肪に変えて溜め込むことにあります。

 

そのため、食べないことで太りやすくなる習慣がついていってしまいます。
また、空腹の時間が長ければ長いほど、次の食事の量が多くなってしまって、ドカ食いになりやすかったり、糖質や味付けの濃いものを食べてしまうことにもなります。

 

こうした習慣がついてしまうと、また食べない時間が増えてしまったり、ドカ食いをしてしまったりと、食習慣が乱れていっていまうのです。

 

このスパイラルに陥らないためにも、1日3食を定期的に摂ることで、カラダに安心感をもたせてスムーズに痩せるようにしていくことがダイエット中の食事方法に必要なこととなります。

 

このように、短期間で痩せるダイエットで食べないは太る原因となるため、食事の回数を減らさずに、量を制限して、摂取エネルギーを抑えていくという方法を取っていくのです。

 

短期間で痩せるための極端な食事制限は老化のもとにもなる

短期間で痩せるダイエットを実践していくうえで、食事を食べなかったり、極端な食事制限をする場合は、栄養不足の状態になって老化のもととなってしまう可能性があります。

 

健康面や老化を抑えるアンチエイジングについては、食事から影響を受けていきます。
食事を食べないとなると、必要な栄養が供給されないことから、老化に繋がっていってしまうのです。

 

例えば、私たちの体に起こっている新陳代謝ですが、これは、昼間に摂った栄養を夜寝ている間に、皮膚や内臓などを生まれ変わらせる働きがありますが、食事を食べないで栄養が不足している状態になると新陳代謝ができずに、お肌のシミやシワの原因になったり、骨が作られずに将来的に骨粗鬆症などの病気の原因になってしまうこともあります。

 

また、注意しなければいけないのは、疲労回復に充分な栄養を補給しておかないと、ダイエットによる運動の翌日など疲れが残り、糖質を必要以上に欲してしまう可能性もあります。

 

疲労からくる糖質にたいする欲求から、甘いものや炭水化物を食べ過ぎてリバウンドをしてしまうこともありますから、食事は食べないということがないようにしておくことが基本となりいます。

 

こうしたことから、短期間で痩せるダイエット方法は、摂取エネルギーを減らす事を考えていますが、何も食べないで栄養不足にしてはいけません。

 

必要な栄養は必ずサプリメントなどを使いながら補給して、抑えきれない摂取エネルギーの部分は、運動による消費エネルギーで消化していくようにしましょう。

 

短期間で痩せるダイエット