短期間で痩せる食生活

短期間で痩せるための、食生活と生活習慣!! | 短期間で痩せるにはこのダイエット方法が効果的!!

短期間で痩せるための、食生活と生活習慣!!

短期間で痩せるには食生活

短期間で痩せるためには、食生活を中心に生活習慣まで幅広く改善する必要が人によってはあります。

 

例えば、どれだけ、痩せようと食事量を減らしても、夜中に1食だけ食事をするようでは、かえって太ってしまう場合もあり、食生活が悪化している可能性も考えられます。

 

また、深刻になっていくと食生活の乱れから、生活習慣病へとかかってしまうこともあるでしょう。

 

そうならないように食生活と生活習慣の改善の基本として、「不摂生はやめて、健康的な食生活と生活習慣を身につけよう!!」ということを説明していきます。

 

特に食生活を良くする事で、無駄なエネルギーの吸収を抑制し、効率的に短期間で痩せることが期待できます。

 

ここでは、そんな、食生活や生活習慣の改善点をいくつかあげていきますので、自分の食生活や生活習慣と比べてみてください。

 

食生活の改善 −@

−食事は食べ過ぎないようにする−

 

食事は腹八分目でも多いといわれておりますが、ダイエットには腹六分目がベストです。
過食をすると、そのぶん胃と腸の負担が大きくなり、代謝が落ちて太ってしまい、痩せることの妨げへと繋がっていきます。

 

食べ過ぎには注意して、食事は腹六分目くらいに抑え、食生活を良くして短期間で痩せる事を目標に頑張っていきましょう。

 

食生活の改善 −A

−夕食はいつも20時前までには食べ終えるようにする−

 

人の体には、一日の中で消化の時間帯や代謝の時間帯があります。
この時間帯は短期間で痩せるためにも非常に重要です。
その中で栄養補給と消化の時間は12時〜20時までにあたる為、食生活として、夕食は20時までに終わらせることが理想的なのです。

 

それ以降は新陳代謝が正常に行われず、病気を引き起こす原因になったり、痩せたいのに太りやすい体質になると言われています。
仕事などで夕食が遅くなってしまう場合は、食生活の改善の一部ですが、カロリーが低い野菜やスープなどを中心に食べるようにして効果をすこしでも発揮させていきましょう。

 

食生活の改善 −B

−肉・魚・卵などタンパク質はしっかり摂る−

 

短期間で痩せるダイエット方法としての食習慣は、野菜中心の食生活にシフトしながらも、タンパク質をしっかり摂る様にしましょう。
これは、野菜から摂れるミネラルやビタミンと、肉類からタンパク質を摂る事でダイエット効果を大きくするためです。

 

ミネラルやビタミンは体の回復や安定を、タンパク質は筋肉を修復してくれるので、ダイエット中はこういった内容を食生活としていく事をおすすめ致します。

 

食生活の改善 −C

−ダイエット中の間食で菓子類はNG−

 

菓子類に含まれる白砂糖は腸内環境を悪化させ、肥満、病気のもととなります。
短期間で痩せるどころか、太ってしまいかねません。

 

洋菓子だけではなく、和菓子のあんこには白砂糖が大量に含まれており、ショ糖とも言われ、消化が悪く腸内環境を悪くしたり、活性酸素が発生してシミやシワの原因にもなります。
老化の元にもなるため、食生活として間食に菓子類は控えて、ビタミンやミネラル補給をしやすいナッツ類やスムージー、果物を摂るようにしましょう。

 

食生活の改善 −D

−ダイエット中でも油は適量摂った方が良い−

 

油は体のエネルギー源の一つである「脂肪酸」を含むため、短期間で痩せるには、特に必要な栄養素です。

 

体に良い油として、フラックスオイル・エゴマ油・シソ油などが上げられますが、これらは体に必要なα-リノレン酸が豊富で、体内で生成できない「必須脂肪酸」を補給できるので、適度に油は摂るような食生活を送りましょう。

 

食生活の改善 −E

−疲れたら生野菜をたくさん摂りましょう−

 

スタミナ補給に焼き肉と思いがちですが、
実は疲れている時こそ野菜を摂ることが必要なのです。
これは、疲れているときにお肉を大量に食べるなど、過剰なタンパク質の摂取はかえって消化に負担をかけてスタミナを奪う結果を招いてしまうのです。

 

筋肉の回復はタンパク質ですが、体力の回復はビタミンが有効なので、疲れているときは生野菜や果物を摂る食生活を心がけていきましょう。

 

食生活の改善 −F

−ハム、ベーコン、ソーセージなどの加工食品は控えましょう−

 

食品添加物は消化の負担につながるため、ハム、ベーコン、ソーセージなどの食品添加物がたっぷり含まれている加工食品には要注意です。
また、ハンバーグや肉団子のような惣菜になると、つなぎにパン粉を使っている場合があり、知らず知らずのうちに糖質を摂ってしまう場合があります。

 

惣菜や加工食を控える食生活も短期間で痩せるダイエットに繋がっていくので、注意しておきましょう。

 

食生活の改善 −G

−食べ過ぎてしまった場合は、大根のすりおろしを食べましょう−

 

食べ過ぎによる胃薬は胃の働きを止め短期間で痩せるための妨げになるため好ましくありません。
一時的によくなったとしても、かえって消化不良を引き起こすこともあるため、消化を促してくれる大根やリンゴのすりおろしを食べて、痩せるための手助けをしましょう。

生活習慣の改善 −@

−トレーニングを日課にするなら、1日1時間!!−

 

短期間で痩せるためにもトレーニングは必要ですが、トレーニングの内容ばかりに目が行ってしまって、気が付くと、1週間に1度の軽い運動になって、ダイエットにならない場合があります。

 

そのため、運動の内容よりも、「毎日1日1時間は運動をする」という目標を立てた方が実行しやすいですね。
例えば、毎日ウォーキングで毎日30分以上行い、残りは縄跳びや筋トレをするなど飽きない組み合わせを実践すると長続きしやすくなります。

 

生活習慣の改善 −A

−お酒の飲み過ぎに注意!!−

 

健康的にもそうですが、お酒を飲み過ぎてしまうと、寝ている間の新陳代謝が鈍くなり、翌日体が重いという事があります。

 

これは、かんたんに言うと、疲れが残ってしまうという事です。
アルコールの分解に力を奪われ、体の回復ができていない状態なので、あまり飲み過ぎない様に注意して食生活と一緒に改善していきましょう。

 

生活習慣の改善 −B

−遅くても0:00までには寝る−

 

睡眠は夜22:00〜2:00を跨いで取ると良いとされています。
これは、睡眠中に成長ホルモンが分泌されている関係で、この時間帯に睡眠を取った場合と、取ってない場合とでは、疲れの残り方が変わります。
更に睡眠は6〜8時間は取りたいので、遅くても夜0:00までには眠りにつける様にしていきましょう。

 

こういった、食生活や生活習慣の改善はごく一部ですが、少しでも改善されていけば、ホルモンバランスを始め、様々な体内バランスが保たれるようになります。少しでも健康的に痩せられるように頑張っていきましょう。

 

いかがでしたでしょうか?
もし、このなかに食生活や生活習慣の乱れや、改善をするべきポイントが見つかったのであれば、ぜひ実践してみてください。

 

短期間で痩せるダイエット