短期間で痩せる方法はストレッチから

短期間で痩せる方法は、ストレッチから!? | 短期間で痩せるにはこのダイエット方法が効果的!!

短期間で痩せる方法はストレッチから!?

短期間で痩せるにはストレッチ

短期間で痩せるためのトレーニング方法の基本は「ストレッチ」にあります。

 

「ストレッチ」というのは実は、大変優秀な運動方法の一つなのです。

 

皆さんの頭に浮かぶストレッチは血流を促し硬い身体を伸ばして柔らかくする柔軟体操の一部であると考えている方も多いと思いますが、実はストレッチは柔軟だけではなく、筋トレや有酸素運動としても補われているのです。

 

とくに運動をまったくやった事がない方でしたら、わかりやすく表れますが、実際にストレッチをやってみると、汗をかき、場合によっては筋肉痛にもなります。

 

ストレッチの本来の役目は、筋肉を柔軟にする事ですが、同時に筋肉の反発力を鍛えたり、呼吸を深くゆっくり行う事で、有酸素運動と同じ効果を得る事ができます。

 

このストレッチの効果には筋肉をほぐし柔軟性を上げて血流を促すことで、代謝が上がりむくみ や冷えの解消、肩こりにも効果的で更にリラックスやストレスの解消から美脚・くびれ効果まで期待できます。

 

また、運動前と運動後にしっかりとストレッチを行うことによって、怪我の予防や疲労を残さないための効果もあります。

 

さらに、ストレッチによる筋肉も柔軟になることから、日常生活におけるカラダの動きも楽になり、快適に過ごせるようになっていきます。

 

そのため、ストレッチを怠ってしまうと、急激な運動などを行う際は、筋肉の収縮がうまくついていけずに、肉離れを起こしてしまうなどの故障の原因となってしまったり、翌日に筋肉の疲労が抜けきらず、腰や膝などの関節を痛めてしまう場合もあります。

 

そうした、カラダの故障を引き起こさないためにもストレッチは重要な役割を担っているのです。

 

ストレッチによる効果には、、筋持久力や体幹を鍛える効果もあり、ダイエットをしていくなら断然取り入れて、実践すべきものです。

 

更に、ストレッチによって柔軟な体と筋肉を作る事によって、負荷の高いトレーニングを行っても怪我をしにくくなり、より効果的な短期間で痩せるダイエットを行える様になっていきます。

 

そのほかにも、運動初心者の方が一番初めに行うダイエットの方法としてストレッチをする事で、まずはトレーニングをする為の体作りとして取り組む事ができます。

 

また、ある程度ダイエットに慣れてきた方が毎日の仕事などで忙しく、運動不足にならない様に、最低限、ストレッチだけは行う様にしておくことで、体のナマリを予防する方法にもなりますし、リンパの流れや代謝が良くなり、便秘など老廃物の排出やエネルギーの消費が上がりカロリーが消費されていくので、継続をしていくことが大切です。

 

これに、ヨガや体幹トレーニングを合わせて行う事で、よりスリムなボディーラインを目指す事もできるのです。

 

こうした事から、ストレッチはダイエットの基本とも言えますし、何よりも短期間で痩せるには、まずはストレッチからと言う事ができるでしょう。

短期間で痩せるためのストレッチ一覧

短期間で痩せるストレッチ2

ストレッチは一般的に、上半身から下半身の順番で行っていきます。

 

まずは、両手、両腕から肘、胸へと伸ばす・曲げるなどほぐしていき、顔から肩や肩甲骨、背中へ向けて行い背筋を伸ばしていきます。

 

上半身が終わったら、股関節や骨盤、お尻のあたりの腰回りをほぐしてから、床に仰向けになり両足の太ももやふくらはぎ、足首やつま先まで動かす様に伸ばしていきます。

 

ストレッチでカラダを伸ばす場合、息を吐きながら伸ばし、姿勢をキープしていきますが、一つの動作に対してあまり長時間やり過ぎると筋肉が緩んで伸縮性が低下してしまうため、トレーニング前のストレッチの時間は短めにしておきましょう。

 

運動前にストレッチをしっかり行うことで身体がほぐれ動かしやすくなるイメージがありますが、実は動かしにくくなってしまうのです。

 

ストレッチの後にエクササイズやトレーニングなどをしない場合や、身体を柔軟にするのであれば、長時間のストレッチも有効です。

 

まずは、自分が手軽に出来る正しいポーズから始めてみましょう。

 

ストレッチは始めのうちカラダの柔軟性によって出来るポーズと出来ないポーズが出てきますが、まずは無理せずにそれぞれ続けていくことが大切です。

 

即効性は低いですが、根気よく継続していくことで、ストレッチのできる範囲も広がり、気がつくと腹筋などがつき美しいラインへと整っていくことが期待できます。

 

少しずつ身体を開いて柔軟に成長し、太り過ぎた体重を落としていきましょう。

 

 

全身の基本ストレッチ

運動の前の準備体操としても最適の方法です。

 

実践ストレッチ@

運動前に行う事で怪我の予防になるほか、毎日お風呂上りなどに行う事で、体の疲れをほぐす事もできます。

 

実践ストレッチA

運動前の体の「アップ」と、運動後の体の「ダウン」に行う事で、けがの予防と疲れの持越しを抑えてくれます。

 

実践ストレッチB

普段意識していない、下半身を中心にストレッチを行います。

 

短期間で痩せるダイエット