短期間で痩せるデメリット

短期間で痩せることのデメリットは何があるの? | 短期間で痩せるにはこのダイエット方法が効果的!!

短期間で痩せることのデメリットは何があるの?

デメリット

短期間で痩せるデメリットの一つとして、過度な食事制限になりやすい事があげられます。

 

短期間で痩せるダイエットを行う場合、初期段階から食事制限が必要となります。

 

始めのうちは減量がしやすいので、思うように体重が減っていきますが、ある一定のところで、減り方が止まってしまいます。

 

これは、ダイエット中の停滞期にあたり、食事制限を始めてから約3ヶ月ほどで体重の減少が止まってしまいます。

 

この停滞期は、約1ヶ月ほどで抜けるのですが、この時にさらに減量しようと、過度な食事制限になりやすいことがデメリットとしてあげられます。

 

ここで無理をしてしまうと、栄養バランスを崩し、体調不良や体重が減らないストレスから、ドカ食いをしてしまう場合があります。

 

またほかのデメリットとしては、空腹感がついてまわることになります。
ダイエットにはつきものですが、停滞期に入った状態で空腹感に襲われると、一気に食事をしてしまったり、甘いものを食べてしまう傾向にあります。

 

こうしたデメリットを避けるには、空腹感が出てきたら、ナッツ類などを少しつまむなどをして、満腹感を少し与える工夫もしていくと良いでしょう。

 

どのようなダイエットでも初期段階では、体重が減りやすいものです。

 

しかし、焦るとこうしたデメリットがすぐに出てきてしまうので、注意が必要です。

 

短期間で痩せるダイエットでは、期間を短く設定するため、食事制限が更に加熱し、気が付くと過度な食事制限となってしまう事があります。

 

こうしたデメリットを回避するためには、停滞期に入っても栄養バランスや、食事制限を安定させ、一旦キープをしていくことが必要となります。

 

ダイエットのデメリットを知っておくことで、さらにスムーズなダイエットができるようになります。

短期間で痩せようと過度な運動もデメリットの一つ

ダイエット中のデメリットの一つに、運動も過度にならないように注意が必要です。

 

ダイエットを実践していくうえで、運動面もやり過ぎてしまう事がデメリットになります。

 

運動は停滞期に関わらず、早く痩せたい一心で集中しすぎて、身体の回復がされないまま継続してしまうとオーバーワークとなり、体が運動量に耐えられずに筋肉がつりやすくなったり、肉離れをおこしたり、負荷に耐えられず骨折をしてしまうケースもあります。

 

こうしたデメリットを避けるには充分な体の回復のほかに、負荷をかけ過ぎないように身体を休ませる日を入れるなどの緩急をつける必要があります。

 

また、ダイエットには基礎代謝を上げるための筋トレと、カロリーを消費するための有酸素運動をうまく合わせることで、スムーズに痩せることができ、デメリットの回避にも繋がっていきます。

 

そうするには、充分な休息を取り、カラダの修復と体力の回復を図る必要があります。
そのためには、栄養バランスの良い食事としっかりとした睡眠を取ることで、新陳代謝が上がり、カラダの修復と体力の回復がされ、翌日に疲れが残りづらい状態にできます。

 

そこから、デメリットに触れることなく生き生きとしたダイエットをすることがあできるようになります。

 

短期間で痩せたいという気持ちは裏目に出てしまって、やり過ぎからデメリットを引き起こすという結末になりがちなので気をつけておきましょう。

 

 

短期間で痩せるダイエット