短期間で痩せる水泳

短期間で効果を出すには水泳がベスト?| 短期間で痩せるにはこのダイエット方法が効果的!!

短期間で効果を出すには水泳がベスト?

短期間で痩せるには水泳

短期期間で痩せるダイエットを行う場合に有効な運動として水泳があげられます。

 

水泳は全身を動かし、有酸素運動としての効果と水の負荷による筋肉への刺激から、陸上で行う運動よりも消費カロリーを上回ると言われています。

 

また、水中で運動することのメリットとして関節への負担が軽減されることから、関節が悪い方や体重があり過ぎて長時間の運動に関節が耐えられない方に特におすすめの方法となります。

 

水泳でのダイエットはクロールや平泳ぎが一般的な方法ですが、泳ぎが苦手な方は水中での運動として、水中ウォーキングやスクワット、ジャンプなどを組み込んで実践していと良いでしょう。

<短期間で痩せるためのサプリランキング>

1.水泳は陸上運動とは別の筋肉になるので注意

水泳を行うことでの注意点は、陸上での運動とは、カラダの動きや負荷のかかり方が違うため、水泳用の筋肉が鍛えられため陸上運動の「歩く」や「走る」といった部分がそこまで磨かれないところにあります。
これは、短期間のダイエットで水泳のみを行っていて、突発的に陸上でのジョギングなどを行っても比例してジョギング用の筋力が鍛えられていないため、思ったよりも長い距離を走りきれないということにもなります。

 

そうなると、途中でダイエットのトレーニング方法を水泳から陸上に切り替えた場合などは陸上用のカラダになるまでは思ったよりもカロリ−の消費ができずに思わぬダイエットの停滞を招いてしまうこともあります。

 

そのため、ダイエットで水泳と陸上の両方でバランスよく運動をしておくことがおすすめです。

 

<短期間で痩せるためのサプリランキング>

2.短期集中で成果を出す水泳は?

短期間で水泳で成果を出す場合は、次のような水泳と水中運動を行うことがおすすめです。

 

  • クロール
  • 平泳ぎ
  • 水中ウォーキング
  • 水中スクワット
  • 水中ジャンプ

 

2-1.クロール

クロールは水泳の中でも消費カロリーが一番大きい方法と言われており、クロールの一時間あたりの消費カロリーは、男性:約1000〜1400kcal・女性:約1000kcalとされています。

 

ダイエットでオーソドックスな有酸素運動であるジョギングが、一時間あたり男性:約600kcal・女性:約470kcalとされているので、消費カロリーだけで考えれば、約2倍の違いがあります。

 

ただし、注意したいのが水泳で1時間泳ぐのは、かなり泳ぎに慣れた方でないと続かないため、運動が断続的になってしまうのと、水泳を始めたばかりだとフォームができるまでにうまく泳げず思ったよりもカロリーを消費できていない場合がありますので気をつけておきましょう

 

<短期間で痩せるためのサプリランキング>

 

また、クロールを始める方はこちらの動画がオススメです。

 

 

2-2.平泳ぎ

平泳ぎはクロールに比べて消費カロリーは低いのですが、ある程度泳ぎやすい泳法です。

 

特に水泳が不得意な方におすすめで、消費カロリーは一時間あたり、男性:約700kcal・女性:約550kcalと言われています。

 

消費カロリー自体はジョギングよりも少し多いくらいなので、泳ぎ方に手を抜いて楽に泳いでしまうと、カロリ−消費が低い場合があります。

 

そのため、平泳ぎをする際はあまり楽をせずに、できるだけ一漕ぎ一漕ぎを力強く行っていきましょう。

 

<短期間で痩せるためのサプリランキング>

 

平泳ぎを始める方はこちらの動画がおすすめです。

 

 

2-3.いぬかき

人間にはあまり効き目がなさそうなので控えましょう。

 

 

2-4.水中ウォーキング

泳ぐことが苦手な方は、水中のウォーキングがオススメです。
水中で歩くことで水の抵抗を受けて陸上のウォーキングよりも前進するための力を使うので、陸上のウォーキングの約2倍のカロリ−を消費できると言われています。

 

しかし、注意しておきたいのが、水中のウォーキングにカラダが慣れた場合、それ以上の負荷がかけづらくなるため、ダイエット効果が薄れていくという弱点があります。

 

そのため、水中のウォーキングに慣れたら、脇の下にビート板をはさみ、水の抵抗を上げるなどして負荷を上げる必要がでてきます。

 

それも慣れてしまった場合は、水泳や陸上でのジョギングなどを織り交ぜていく必要があります。

 

2-5.水中スクワットやジャンプ

水中でのウォーキングのほかにも、水中でのスクワットやジャンプもダイエットに有効です。

 

これは、プールに入って首まで水につかり、立つことでスクワット効果を、立つときにジャンプすることでジャンプの効果を引出ます。

 

水中でのスクワットやジャンプは、下半身への刺激に効果的で、膝や腰などの間接が悪い方へオススメの運動となります。

 

下半身に刺激を与えることが目的なので、立ち上がりやジャンプの際は力いっぱい上へあがるようにしていきましょう。

3.まとめ

短期間のダイエットを水泳で行う場合は、いかに消費カロリーの多い種目をこなすかの他に、水中での運動は事故がおきないように通常1時間ごとにプールから上がり休憩を取る必要があります。

 

そのため、1回の水泳のできる時間が限られているため、ダラダラ行わずに、一つずつの動作を丁寧に力強く行うようにしていきましょう。

 

短期間で痩せるダイエット