短期間で痩せるためのストレッチ

短期間でもラインがよくなる!痩せるならやっておきたいストレッチ4選|動画解説つき| 短期間で痩せるにはこのダイエット方法が効果的!!

短期間でもラインがよくなる!痩せるならやっておきたいストレッチ4選

ストレッチをする女性

正しいトレッチの方法や効果をご存知ですか?

 

ダイエットを行うとき、食事方法や筋トレ、有酸素運動はしっかり確認しても、ストレッチを確認することってあまりないですよね?

 

ストレッチはただカラダを伸ばすだけではなく、カラダを伸ばすことで得られる効果もあります。

 

このページでは、そうしたストレッチの効果や方法を、動画つきでしっかりとご紹介いたします。
ストレッチ本来の効果や方法を知っていれば、短期間で痩せるダイエットに必要な運動での、ケガの予防や疲労回復、カラダのラインの美しさを身に着けることができますので、一度ご覧になってみてください。

 

1.ストレッチとは

ストレッチは本来カラダの柔軟性を促し、関節の可動域を広げることで、スポーツなどにおける運動での動作の範囲を広げて、パフォーマンスを向上したり、ケガをしにくくしたりすることが主な目的と効果です。

 

そのため、運動前に準備運動でのストレッチを行うことで、筋温や体温を上げてケガの予防を行い、運動後のストレッチで疲労回復を促す効果があります。

 

そのほかにもストレッチには、筋肉を柔軟にして快適なカラダへと変化させていくことで、私生活でのカラダの動きが楽になったり、ストレッチによる心身のリラックス効果もあります。

 

また、有酸素運動や筋トレほどのエネルギー消費は期待できないものの、各筋肉を意識してストレッチを行うことで、運動の際にアプローチしたい部位を集中的に意識して実践できるようになることから、短期間で痩せるダイエットにも充分効果を発揮してくれます。

2.ストレッチ本来の効果

ストレッチを行うことでの具体的な効果は、次の内容が期待できます。

 

ストレッチの効果

  • 柔軟性の向上でスムーズな動き
  • けがの予防
  • 姿勢が良くなる
  • 肩こり冷え性、腰痛改善
  • 心のリラックス

 

 

柔軟性の向上でスムーズな動き

 

ストレッチを行うと筋肉の柔軟性がが増し、カラダが柔らかくなります。
これは、関節の可動域が広がり、動ける範囲が広がるということです。
そうなると、、カラダの動きがスムーズになって、短期間で痩せるダイエットの運動でも負荷をかけた運動ができるようになっていきます。

 

 

けがの予防

 

ストレッチによる筋肉の柔軟性の向上は、カラダがスムーズな動きになることに連動して、関節の可動域が増えるのでケガの予防にもつながります。
筋肉が硬い場合、転倒や関節の捻挫、筋肉をつってまう、肉離れ、などが起こりやすくなります。
こうしたケガの予防は、短期間で痩せるためにも必要なことです。

 

 

姿勢が良くなる

 

筋肉が硬くなると、だんだんと姿勢が悪くなっていきます。
これは、同じ姿勢を長時間している場合など、血流が滞り筋肉の伸縮もしないことから、筋肉の柔らかさが失われていくことが原因です。
筋肉の硬直は可動域を狭め、だんだんと猫背のような状態にしてしまいます。そのため、ストレッチによって筋肉を柔軟にしていくことで姿勢が良くなる効果があります。

 

 

肩こり・腰痛・冷え性改善

 

筋肉は関節の可動域を広げて柔軟性を生み出すだけではなく、血流を促すポンプの役目もあります。心臓から送り出された血液は、筋肉を動かすことでさらに毛細血管の隅々まで送りだし、また、老廃物などの回収を促してくれます。
しかし、筋肉が硬くなると、この血流が悪くなってしまいます。
血流の悪さは、肩こりや腰痛、冷え性などの不調の原因となります。
こうしたことから、ストレッチは肩こり・腰痛・冷え性の改善に効果的です。

 

 

心のリラックス

 

ストレッチは心拍数の低下を促し、カラダをリラックスさせるための副交感神経の活動を優位にさせて、心をリラックスさせてくれる効果があります。
疲れやストレスを感じたり、寝る前やお風呂上りにゆったり行うことで、入眠への効果もあります。特に毎日が忙しい方にはオススメの効果です。

 

 

 

ストレッチは、有酸素運動や筋トレほどのエネルギー消費はありませんが、カラダのバランスを取る動きをすることで、体幹を刺激してくれるので運動に慣れていない方は、最初のうちはストレッチだけでも充分効果的です。心身のリラックス効果もありますから、忙しい合間にぜひ行ってみてください。短期間で痩せるためにも、カラダのケアができるストレッチはダイエットに取り入れておきたい方法です。

3.短期間で痩せるためにストレッチのやり方を動画で解説

ストレッチは一般的に、上半身から下半身の順番で行っていきます。
まずは、両手、両腕から肘、胸へと伸ばす・曲げるなどほぐしていき、顔から肩や肩甲骨、背中へ向けて行い背筋を伸ばしていきます。

 

上半身が終わったら、股関節や骨盤、お尻のあたりの腰回りをほぐしてから、床に仰向けになり両足の太ももやふくらはぎ、足首やつま先まで動かす様に伸ばしていきます。

 

ストレッチでカラダを伸ばす場合、伸ばす部位を意識しながら、呼吸を止めないように息をゆっくり吐きながら、20秒以上姿勢をキープしていきます。

 

はじめのうちはカラダの柔軟性によって、出来るポーズと出来ないポーズが出てきますが、まずは無理せずに痛くなく、気持ち良い程度にそれぞれ続けていくことが大切です。

 

即効性は低いですが、根気よく継続していくことで、ストレッチのできる範囲も広がり、気がつくと腹筋などがつき美しいラインへと整っていくことが期待できます。

 

少しずつ身体を開いて柔軟に成長し、短期間で痩せるようにがんばってみてください。

 

3-1.ストレッチのやり方|動画一覧

 

それでは、ストレッチの具体的な方法を動画でご紹介いたします。
初めは思うようにポーズがとれないかもしれませんが、焦らずにゆっくり毎日継続していきましょう。

 

 

全身の基本ストレッチ(再生時間 8:40)

 

実践ストレッチ@(再生時間 13:53)

 

実践ストレッチA(再生時間 14:55)

 

実践ストレッチB(再生時間 15:58)

4.ストレッチのタイミングはいつやるのが効果的?

ストレッチのやり方までは分りましたね。次は、ストレッチを実際に「いつやれば効果的なのか?」などのタイミングを説明します。いつやるかはストレッチの特性である、「柔軟」「疲労回復」「リラックス」から、以下のタイミングが効果的と言われています。

 

全てのポイントで行う必要はありませんが、知っておくだけでも翌日のカラダの調子が変わりますので、なんとなくだけでも覚えておいてくだいさいね。

 

ストレッチのタイミング

  • 起床後
  • お風呂上り
  • 寝る前
  • 運動の前と後

 

 

起床後

 

起床後のストレッチは、冷えたカラダを温め活動をするための準備として最適のタイミングです。
とくに、寝起きが悪い人におすすめで、ストレッチをして血流を毛細血管まで促して体温を上げることで眠気がスッキリとなります。
そのほかにも、疲労感があったり、気分が乗らない日などは、一旦ストレッチで整えてみるのも効果的です。

 

 

お風呂あがり

 

お風呂上りはカラダの体温が上昇しているので、カラダに柔軟性がある状態といえます。
そのため、カラダをさらに柔らかくしたい場合は、お風呂上りのストレッチをしっかり行うことが有効です。

 

 

寝る前

 

ストレッチはリラックス効果で副交感神経を優位にしてくれることから、入眠しやすくなる作用があります。
短期間で痩せるためにも、睡眠は大切なポイントで、熟睡することで成長ホルモンが促され、カラダの代謝促進から痩せやすいカラダへと変わる効果があります。

 

 

運動の前と後

 

運動前のストレッチは準備運動としてカラダを温め、関節の可動域を開いてケガの予防として行うことが最適です。
また、運動後にも整理運動としてストレッチを行うことで、疲労回復を促すことができるので、ストレッチの継続は短期間で痩せるための運動でのケガや疲労を軽減して、ダイエットを継続するコツとなります。

5.短期間で痩せるならストレッチのポイントと注意点をチェック

ストレッチをする女性・ポイントと注意点

ストレッチには、カラダに良いことが多くあります。

 

しかし、単純にストレッチを行えば全て最大の効果を得られるわけではありません。

 

短期間で痩せるためにも、ストレッチの効果を最大限にさせるためのポイントと注意点をご紹介します。

 

ストレッチのポイントと注意点

  • ストレッチは続けることが大切
  • 1日20分だけ行う
  • 食後に行う場合は、30分以上あける

 

 

ストレッチは続けることが大切

 

カラダの柔軟性は、ストレッチを毎日続けることで向上していくため、なるべく毎日行うことがポイントです。
例えば、筋トレは定期的に行うことで、だんだんと重い物が持てるようになります。
同様に、ストレッチも継続的に行うことで、だんだんとカラダの筋肉が柔らかくなっていきます。
ストレッチを途中でやめたり、単発的にしか行っていないと筋肉は柔軟性を失い硬くなってしまいます。そのため、ストレッチはできれば毎日やることで最大の効果を発揮してくれます。短期間で痩せるためにもストレッチの継続をがんばりましょう。

 

 

1日20分だけ行う

 

ストレッチの種類は、筋肉の種類だけ伸ばし方があるため、一気に行うとかなりの時間がかかってしまいます。
そうなると、疲れている時などは雑になってしまって、効果の少ないストレッチになってしまいます。
そのため、一つの目安として、ストレッチは1日20分と時間を決めておくことが継続のコツです。
疲労している部位だけのストレッチでも良いですし、日替わりでストレッチの部位を変える、あるいは、毎日主要な筋肉のストレッチだけを行うなど、自分に合うスタイルで試してみて下さい。

 

 

食後に行う場合は、30分以上あける

 

ストレッチはカラダを伸ばす運動のため、食後に行うことはあまりおすすめできません。
もし、食後に行うなら消化が多少進むように、食事をしてから30分以上開けてから行いましょう。
できればストレッチは食前に済ませておくことがオススメです。

6.まとめ

ストレッチは直接的な脂肪燃焼効果が低い運動ですが、ダイエットの運動における準備運動や整理運動では欠かすことのできません。

 

また、ストレッチを行うことで、カラダのバランスが保たれて、ボディラインもよくなります。
そのほかにもリラックス効果もありますから、忙しい方こそ行って頂きたい運動です。
ストレッチの種類にはこのほかにもたくさんありますし、さらに高度なヨガやピラティスなどもぜひ試して短期間で痩せるダイエットに活用してみてくださいね。

 

 

短期間で痩せる方法の基礎

 


「短期間で痩せる方法」をテーマに考えてみると、ダイエット以外にエステや脂肪吸引など、その方法は様々です。


当サイトでは、その「短期間で痩せる方法」をメインテーマにして、色々な角度から説明しています。


「短期間で痩せる方法」の基礎は、ダイエットの基本とも言える「食事による摂取エネルギーと運動による消費エネルギーのバランス」や、ダイエットのサポートとして、「ダイエットサプリメントを効果的に使うこと」です。


こうした「短期間で痩せる方法の基礎」の詳細については、以下のページで説明いたします。


短期間で痩せるボタン