短期間で痩せるトレーニング

短期間で成果を出すためのトレーニング方法| 短期間で痩せるにはこのダイエット方法が効果的!!

短期間で成果を出すためのトレーニング方法

短期間で痩せるにはトレーニング方法

短期間で成果を出すためのトレーニングは、「全身運動」が最適です。

 

ダイエットを行う場合、食事制限と運動が必要ですが、運動をさらに細分化すると筋力トレーニングと有酸素運動に分けてトレーニングをしていくことが一般的です。

 

筋力トレーニングと有酸素運動を行う意味は、筋力トレーニングで筋力をつけて、基礎代謝を上げ普段の生活でも脂肪燃焼を促す効果があります。

 

もう一方の有酸素運動については、ウォーキングやジョギングなどの長距離トレーニングによってカロリーを消費し、脂肪燃焼を促すことが目的とされています。

 

どちらも、ダイエットに必要なトレーニングですが、別々にトレーニングをしていくため、その分の時間を作る必要があり、忙しいときなどはおざなりとなり、トレーニングを怠けてしまう場合があります。

 

毎日が忙しく、時間に余裕が持てない場合や、さらに短期間で成果を出したい場合に「全身運動」であるサーキットトレーニングがオススメの方法となります。

 

サーキットトレーニングとは、有酸素運動と低負荷の筋力トレーニングを合わせた方法です。

 

このトレーニングを行うことで、筋力トレーニングや有酸素運動を別々に行うよりも効率よくカラダを絞ることができるようになります。

<短期間で痩せるためのサプリランキング>

1.サーキットトレーニングで注意したいこと

短期間で痩せるにはトレーニング注意

サーキットトレーニングは効率の良い全身運動ですが、やはりトレーニングの一環にすぎないため、基本的には別途、カラダの部位ごとに鍛える筋力トレーニングや、筋持久力を養えるジョギングなどの有酸素運動を行ってバランスの良いカラダづくりを目指す必要があります。

 

短期間で成果を出すためには、プラスのトレーニングで時間がない場合でも時間や場所をそこまで選ばずにできる全身運動を取り入れていこうということです。

 

もちろん、トレーニングのやり過ぎは故障の原因になってしまうので、ほどほどが大切です。

 

<短期間で痩せるためのサプリランキング>

2.サーキットトレーニングの実践

短期間で痩せるにはトレーニング2

サーキットトレーニングは、有酸素運動と筋力トレーニングの複合であることを少し触れましたが、実際にどのような方法で行うのかを説明していきます。

 

このトレーニングの動きは、腕立てや、跳躍、もも上げや腹筋などを連動して行い動き続けるという方法です。

 

例えば、もも上げ10回→バーピージャンプ5回→腹筋10回を3セット繰り返すなどです。

 

ポイントは1種目ずつの回数はそこまで多くはないのですが、複数の種目をを数セットやるので終わる頃にはかなりキツイ状態になっていきます。

 

できればカラダをバランスよく鍛えるためにもこういった全身運動を週に3回くらいは取り入れられると理想的です。

 

<短期間で痩せるためのサプリランキング>

 

サーキットトレーニングのおすすめ動画です。

ご自宅でトレーニングする際に参考にしてみてください。

3.さらに負荷をかけたトレーニング方法

サーキットトレーニングのほかにも、これに近いトレーニング方法をご紹介いたします。

 

おすすめのトレーニングは、「タバタ式トレーニング」です。
このトレーニングのルールは簡単です。

 

20秒間全力で動き、10秒間休むを8回繰り返す4分間のトレーニングです。
20秒間の全力は毎回同じ動きでもサーキットトレーニングのように毎回違う動きでも良く、サーキットトレーニングのさらにキツイ方法と言われています。

 

このタバタ式トレーニングも筋力と持久力を養うことができるのですが、運動後も一定量のカロリー消費が確認されていることから、ダイエットにも有効なトレーニングとされています。

 

<短期間で痩せるためのサプリランキング>

 

タバタ式トレーニング例としておすすめの動画はこちらです。

4.まとめ

短期間で痩せるトレーニング

このように、筋力トレーニングや有酸素運動以外にもトレーニングのバリエーションは豊富にあります。

 

短期間で痩せる成果をあげるためにも、目標に向かって忙しい時間の合間にできることを無理なく行っていきましょう。

 

 

短期間で痩せるダイエット