糖質制限短期間で痩せる

短期間で痩せたいけど糖質制限には限界がある?| 短期間で痩せるにはこのダイエット方法が効果的!!

短期間で痩せたいけど糖質制限には限界がある?

短期間で痩せるには糖質制限

食事方法によるダイエットで、「糖質制限」があります。

 

糖質制限は、毎日のごはんの主食やお菓子、ジュース、果物など糖質を含んだ食材を著しく制限したり、完全にカットする方法です。

 

この食事方法を短期間で実践する場合に、糖質制限だけで限界があるのか?ということを考えていきます。

 

糖質制限は確かにダイエットにおいて有効でありますが、短期間で痩せる場合には、いくつかの限界が考えられます。

 

これは、短期間で行うがゆえに起こる現象でもあるので、注意が必要です。

<短期間で痩せるためのサプリランキング>

1.糖質制限の限界は?

短期間で痩せる場合に糖質制限をすると、次の2つが限界のカベとなります。

 

  • @.10%以上の体重減少による停滞期
  • A.エネルギー不足による身体活動の低下

 

1-1.「10%以上」の体重減少による停滞期

短期間で痩せる停滞

私たちのカラダは、約1か月の間に体重の10%が減少した場合、体重の減少が止まるようになっています。

 

これは、カラダの生命維持をするホメオスタシスの機能なのですが、ダイエットに限らず食料難などによる飢餓状態で生き残るために、エネルギーを無駄に使わないようにして、省エネにすることで体重の減少を止めてしまうのです。

 

これがダイエット中ではダイエットの停滞と言われています。

 

短期間のダイエットで糖質制限をする場合、急激に体重が減少していくため、このダイエットの停滞を起こしやすくなってしまうのです。

 

もちろん、もともとの体重から10%減少した場合なので、もとの体重が少ない人と多い人では、10%の意味が変わってきます。

 

例えば、身長170Cmで体重が60Kgの10%と、身長170Cmで体重が100Kgの10%では、明らかに後者の方が体重の10%を切ってしまう可能性が高いのです。

 

そのため、もとの体重が多い方ほど短期間で急激な糖質制限ダイエットには注意が必要となります。

 

<短期間で痩せるためのサプリランキング>

 

1-2.エネルギー不足による身体活動の低下

短期間で痩せる制限

糖質はカラダを動かすためのエネルギー源です。
その糖質を制限してしまうと、エネルギーが不足して頭がぼ〜っとしてしまったり、思ったよりも体力が続かなくなり、ダイエットのトレーニングができなくなってしまう可能性があります。

 

短期間で痩せる場合、糖質制限も必要ですが、トレーニングをして脂肪燃焼を促すためのエネルギーは補給しておかないと、かえってダイエットの妨げになってしまうこともあります。

 

そのため、糖質は一日に最低でもおにぎり1個分くらいのエネルギーは摂った方が、短期間で痩せるには適した方法となります。

 

<短期間で痩せるためのサプリランキング>

2.糖質制限もほどほどに

短期間で痩せるためには、脂肪のもととなる糖質を制限することが確かに有効ですが、その一方でカラダを動かすためには糖質が必要であることも確かです。

 

最近では、糖質の代わりにケトン体を使うことでダイエットを行う方法もありますが、その方法はかなり気を使うのと継続性が必要なため、ダイエットでも高度な方法となっています。

 

いずれにせよ、短期間で痩せるためには、健康でいることも必要なので、糖質制限はほどほどに運動は楽しめる程度に行うことがダイエット成功の秘訣となります。

 

 

短期間で痩せる方法の基礎

 


「短期間で痩せる方法」をテーマに考えてみると、ダイエット以外にエステや脂肪吸引など、その方法は様々です。


当サイトでは、その「短期間で痩せる方法」をメインテーマにして、色々な角度から説明しています。


「短期間で痩せる方法」の基礎は、ダイエットの基本とも言える「食事による摂取エネルギーと運動による消費エネルギーのバランス」や、ダイエットのサポートとして、「ダイエットサプリメントを効果的に使うこと」です。


こうした「短期間で痩せる方法の基礎」の詳細については、以下のページで説明いたします。


短期間で痩せるボタン